ダウンロード カメラ製品 FAQ

SIGMA Photo Pro 6に関する質問

  • このソフトウエアはカメラに付属していますか?

    付属しておりません。お手数ですがシグマグローバルビジョンのサイトからダウンロードしてご使用願います。

  • Windows版をダウンロードしましたがインストールできません。

    シグマグローバルビジョンのサイト内にあるダウンロードボタンをクリックしますと、コンピュータ内のダウンロードフォルダーにSPP_6.x.x_setup.exeというファイルが格納されますので、それをダブルクリックし、表示手順に沿ってインストールを行ってください。

  • Macintosh版をダウンロードしましたが、インストーラーが起動しません。

    ダウンロードマネージャー内にあるPhotoPro6.x.x.dmgファイルはインストーラーではありませんのでそのファイルをダブルクリックして「SIGMA Photo Pro 6」フォルダをコンピュータ内のアプリケーションフォルダー内にコピーすることでインストールが完了します。

  • カメラとコンピュータを接続しましたが、SIGMA Photo Pro 6が起動せず画像も取り込めません。

    SIGMA Photo Pro 6には自動取り込み機能はございませんので、まずはカード内の画像データをコンピュータ内の任意のフォルダーに保存し、その後SIGMA Photo 6を起動しそのメインウインドウから保存したフォルダーをクリックして画像を確認します。
    尚、画像データ保護やソフトウェアの動作時間の観点からSIGMA Photo Pro 6上でカード内のデータを直接調整することはお勧めいたしません。必ず一旦コンピュータに保存した上で操作願います。

  • 起動後のメインウインドウ(サムネイル画面)に画像が表示されません。

    初めてSIGMA Photo Pro 6をご使用になる場合はマイドキュメントフォルダ(Windows)、Macintosh HD(Macintosh )が選択された状態で起動しますので、ソフトウェア起動後にメインウインドウ左側に表示されるコンピュータ枠からご覧になりたい画像を保存したフォルダをクリックして画像を表示してください。
    尚、Macintoshコンピュータにてご使用のOSバージョンで初めてSIGMA Photo Pro 6をご使用になる場合、初回起動時のみシステムファイル構築の為、メインウインドウに画像が表示されるまでお時間がかかる場合がありますので、表示されるまでそのままお待ちください。一度表示されますと次回起動時からは通常にご使用になれます。
    また、選択されたフォルダー内に他社製ソフトで作成した画像が混在している場合、まれにSIGMA Photo Pro 6が起動しない、あるいは異常終了してしまう事がございます。そのときはサブフォルダーなどに画像を整理の上、ご使用願います。

  • メインウインドウのサムネイル表示枠に表示される画像の上下に、黒い縁取りがある物とない物がありますが異常でしょうか。

    SIGMA Photo Pro 6のレビューウインドウにて調整設定の保存を行っていない画像は上下に黒い縁取りが表示され、調整設定の保存を行った画像には縁取りは表示されません。

  • メインウインドウ(サムネイル画面)に「TIFF」というアイコン表示になり画像が表示されないファイルがありますがデータが壊れてしまったのでしょうか。

    Ver.6.1.0以前の SIGMA Photo Pro 6で現像し、保存したTIFFデータは、画像ではなくアイコンを表示させる仕様としていました為、「TIFF」とアイコン表示される場合がございます。サムネイル表示枠に画像を表示させたい場合は、最新バージョンのSIGMA Photo Pro 6でRAWデータから改めて現像し、保存してください。
    尚、標準サイズより大きいサイズで保存した画像はSIGMA Photo Pro 6のレビューウインドウではなくOSの標準ビュワーで表示されます。※表示が切り替わる画像はご使用のコンピュータ環境によって異なります。

  • 露出補正をした画像の情報を確認しても補正値が表示されません。

    SIGMA Photo Pro 6ではオートブラケット機能を用いて撮影した画像では補正値は表示されません。

  • 調整パレット内のカラー調整にあるターゲットリングが赤く表示される場合があります。

    SIGMA Photo Pro 5.5.3以前のバージョンで調整したカラー調整の値がSIGMA Photo Pro 6の設定可能な範囲外にある場合、赤で表示される仕様になっております。

  • レビューウインドウを閉じる際に「警告の表示」ダイアログが表示される場合と表示されない場合がありますがどこが違うのでしょうか。

    レビューウインドウで調整を行った後に設定保存を行わずにウインドウを閉じる際、X3Fファイル(RAWデータ)の場合は「警告の表示」ダイアログが表示されます。JPEGもしくはTIFFファイルの場合は「画像の保存」ダイアログが表示されます。
    また、レビューウインドウ内の調整モードが「X3F」や「File」の位置にある場合や、調整を行ってもファイルに保存されている調整値と同じ値であった場合は、「警告の保存」や「画像の保存」の表示はされません。
    尚、「警告の表示」や「画像の保存」ダイアログボックスの「しない」または「キャンセル」をクリックした場合、調整値は全て破棄されますのでご注意願います。