ディストーションチャートの見方

effective distortion

点線部は理想的なレンズで格子模様を写したイメージ図です。
赤線部は実際のレンズで格子模様を写したもので、ディストーションによって、格子模様がどの様に歪むかが読み取れます。

たる型ディストーション
糸巻き型ディストーション

relative distortion

この図は横軸に理想的な像高(画面中心からの距離[mm])をとり、縦軸にディストーションの大きさを示しています。ディストーションの大きさは理想的な像の寓さY0に対して、実際の像の高さYがどれだけ伸びているか(または縮んでいるか)で表わされます。

たる型ディストーション
糸巻き型ディストーション

ディストーションの大きさ D[%]= Y-Y0Y0 x 100
四角いものを撮影すると、ディストーションの値がマイナスの場合膨らんだように写り(たる型ディストーション)、プラスの場合凹んだように写ります(糸巻き型ディストーション)。
ディストーションの値が0に近いほど上記の歪みが自立たなくなります。