SIGMA fp Style

一覧へ戻る
SIGMA fp Style 02

吉開 菜央

映画作家・ダンサー・振付家

SIGMA fpを持って散歩をしてみた。普段はiPhoneくらいしか、携帯カメラを持って出歩かないので、とても新鮮な体験である。作品の撮影をすると決めた時は、三脚、レンズ、バッテリー、あらゆる非常事態を想定して、重装備で撮りに行くから、スキップしてもいいくらいの軽い気持ちでカメラを持って外に出られたことがシンプルに嬉しかった。普通、カメラ本体は軽くても、いいレンズを着けるとどっしり重くなってしまうものだけど、fpとSIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporaryの組合せはレンズもとても軽くてちいさい。この装備なら、毎日でも首から下げて使える。

※他社カメラで撮影
SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F2.8|ISO100|1/3200s
SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F3.2|ISO100|1/125s
SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F4|ISO100|1/50s

撮った写真は、どれも家の近所で撮影したもので、なにか一大イベントが起きているわけではないけれど、目にした瞬間、いまこの場所がこんなふうに見えることは尊いんじゃないだろうか、と思ってしまった景色だ。そんな風に思う瞬間は日常のそこかしこにあっても、撮って残せることはあまりない。しかも、カメラに撮るとたいていの場合、肉眼で見えているのとは少し違った画が映る。カメラはわたしの目ではないのだから当たり前で、それはそれで面白いのだけど、SIGMA fpの場合、思った以上に、その瞬間に惹かれた光や、空気感がそのまま写っていた。あるいは、自分に見えている景色を、脳内で少し変換して、もう少しこんな風に見たいというとても微細で直感的な欲求にカメラが反応してくれたのか。

ずばり言うと、わたしの目との相性はとっても良さそうだ。

SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F3.2|ISO100|1/125s
SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F16|ISO100|1/100s
SIGMA fp + SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
F2.8|ISO100|1/5000s

吉開 菜央

映画作家・ダンサー・振付家

1987年山口県生まれ。監督した主な映画は『Grand Bouquet』(カンヌ国際映画祭監督週間2019正式招待)『ほったまるびより』。(第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞受賞)作品は、国内外の映画祭での上映をはじめ、展覧会でもインスタレーション展示されている。MVの監督や、振付も行う。米津玄師MV「Lemon」には出演もしている。

naoyoshigai.com
Twitter:@naoyoshigai
Instagram:@ghiiyonda

SIGMA fp コンセプトムービーに出演