SIGMA dp Quattroシリーズのファームウェアによる色再現性の違い

2016年2月19日に公開したSIGMA dp0 Quattro(Ver.1.01)、SIGMA dp1 Quattro(Ver.1.04)、SIGMA dp2 Quattro(Ver.1.08)、SIGMA dp3 Quattro(Ver.1.03)のファームウェアは、アルゴリズムの変更によりオートホワイトバランスの精度と色再現性の向上を図りました。
最新のファームウェアにアップデートすることで、JPEG画像、カメラのRAW現像機能で作成されるJPEG画像、SIGMA Photo ProによるRAW現像画像のいずれに対しても色再現性が向上します。

赤い花の再現性の比較

新ファームウェア
新ファームウェア
従来のファームウェア
従来のファームウェア

青い空の再現性の比較

新ファームウェア
新ファームウェア
従来のファームウェア
従来のファームウェア

緑の葉の再現性の比較

新ファームウェア
新ファームウェア
従来のファームウェア
従来のファームウェア

人物写真の比較

新ファームウェア
新ファームウェア
ポートレートモード
ポートレートモード
肌の階調を柔らかく表現し、人物撮影に最適化を図っています。
従来のファームウェア
従来のファームウェア

ファームウェアのダウンロードダウンロードは、下記からお願い致します。

  • SIGMA dp0 Quattroをお持ちのお客様はこちらから
  • SIGMA dp1 Quattroをお持ちのお客様はこちらから
  • SIGMA dp2 Quattroをお持ちのお客様はこちらから
  • SIGMA dp3 Quattroをお持ちのお客様はこちらから

ご注意

  • アップデートの後に撮影したRAWデータ(X3Fファイル)はSIGMA Photo Pro6.3.1より前のソフトウェアではRAW現像することが出来ません。必ず最新のRAWデータ(X3Fファイル )に対応した最新版のSIGMA Photo Proをご使用ください。
    http://www.sigma-global.com/jp/download/cameras/sigma-photo-pro/