ダウンロード レンズ製品 24-70mm F2.8 DG DN A019 Firmware

レンズファームウェア アップデート手順(Windows)

アップデートの前に
カメラ側のファームウェアを最新版にしておいて下さい。
カメラの電源はフル充電した専用バッテリー、あるいはACアダプターをご使用下さい。
ファームウェアのアップデート中は、電池の脱落や、ACアダプターが外れないようご注意下さい。
ファームウェアのアップデート中は、カメラの電源スイッチをOFFにしないで下さい。
メモリーカードはカメラから抜いておいて下さい。
レンズをカメラに装着した状態でないとアップデートが行えません。

STEP 01アップデート用のソフトウェアを用意します

SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書をお読みいただき、ご承諾いただいた上でファイルをダウンロードして下さい。ダウンロード先はデスクトップなどご自身でお好みの場所をお選びいただき、保存して下さい。

SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書

注意:ソフトウェアプログラムをダウンロード、コピー、使用する前に必ず本契約書をお読み下さい。

本契約書とともにご提供するファームウェア用ソフトウェアプログラム(以下許諾ソフトウェア)は、お客様が「ダウンロード」ボタンを選択されたときに、本契約書(以下、「契約書」といいます)に同意頂いたものとさせて頂きます。許諾ソフトウェアをインストール使用する前に本契約書に書かれている内容をお読み下さい。もし、本条項を承諾して頂けない場合、お客様はハードウェアから許諾ソフトウェアを削除して下さい。 お客様は、本契約書で明示的に示されている場合を除いては、許諾ソフトウェアや文書あるいはそのコピーについて、使用、複製、変更、あるいは譲渡することはできません。

使用権の許諾

許諾ソフトウェアならびにそれに付随するオンライン上の文書類は、株式会社シグマ(以下、「シグマ」といいます)によってお客様へ使用権を許諾されたものであり、売却されたものではありません。本契約書の規定に従い、お客様は許諾ソフトウェアをお客様個人あるいは非営利目的でのみ、個人的な、譲渡不能な、非独占的なサブライセンス不可の使用権を有し、再販売、再使用許諾、あるいは第三者によるその他の使用は許諾されません。 お客様は、ファームウェアのアップデートに該当するレンズを所有していることを前提として、お客様が所有している、またはお客様の管理下にあるコンピューターにおいてのみ許諾ソフトウェアを使用してもよいものとします。お客様は、許諾ソフトウェアや文書類の内容を不正使用や無断使用をせずにその内容の保護に同意して頂きます。シグマはお客様に対して明示的に与えられない全ての権利を留保するものとします。

使用権の制限事項

お客様は、許諾ソフトウェアの使用に際し、以下のことに同意していただくものとします。

  • 許諾ソフトウェアを譲渡、権利移転、リース、貸与あるいは時間貸しすることはできません。
  • 許諾ソフトウェアの全部、または一部を修正、改変することはできません。
  • 許諾ソフトウェアに由来するプログラムの全部、または一部を修正、あるいは作成することはできません。
  • 許諾ソフトウェアの全部または一部を逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、あるいは許諾ソフトウェアのソースコード、基礎となっているアイデア、アルゴリズム、構造や、構成を読み取ることなどはできません。

お客様は、シグマによって、許諾ソフトウェアや文書類あるいはそれらの中に付されたあるいは埋め込まれたいかなる著作権に対する注意書きやその他の権利に対する注意書きを取り除いたり、変更したり、隠したり、紛らわしくさせたりすることはできません。

制限

お客様は、本契約あるいはそれに関する権利および義務について、いかなる理由をもってしても、再使用許諾、譲渡、委任、賃貸、リース、時間貸し、あるいはその他の方法による権利の譲渡はできません。お客様による、再使用許諾、譲渡、権利の委任、その他の権利の移転は全て無効となります。

著作権

許諾ソフトウェアおよびそれに関連する文書は著作権があります。 お客様は、お客様が所有している、またはお客様の管理下にあるコンピューターにて、該当するレンズのアップデートを行うためだけに限り、許諾ソフトウェアをコピーしてよいものとします。 お客様は、許される範囲でコピーされた個々のプログラムにつき、文書類のコピーを一部作成してもよく、また、オンラインドキュメント、あるいはその他、お客様に電子的な形で提供された資料を一部のみ印刷してよいものとします。 上記を除く、お客様によってなされた、許諾ソフトウェアのコピーや文書類のコピーはいかなる形であれ、本契約の違反となります。

所有権

お客様は許諾ソフトウェアおよび文書類に関する、全ての知的所有権を含む、あらゆる権利、権限、利権について、著作者に属することに同意するものとします。 お客様は、許諾ソフトウェアおよび文書類、またはそれらに関連する特許、著作権、商標、あるいはその他の知的財産権に対する請求権や所有権を持つことや請求することをしない、ということに同意するものとします。 シグマは、いかなるときにおいても、オリジナルまたはオリジナルから得られたコピーが保存されている媒体あるいはそのメディアの如何を問わず、文書類や許諾ソフトウェア自体に含まれている、全ての権利、権限、利権を有します。 本契約はオリジナルやオリジナルから得られるコピーを販売するためのものではありません。許諾ソフトウェアを通じて得ることのできた全ての事柄は、それを得た者の財産となり、適用される著作権の法律によって守られうるものです。 本契約はこのようにして得た著作物についての権利を、左右するものではありません。

保証の限定

シグマは許諾ソフトウェアと文書類を「現状」のままで提供し、明示的、黙示的にも、また規定上でも、その商品性、権利非侵害、および特定目的に関する保証、または許諾ソフトウェアにバグがないこと等、その他、製品に関する一切の保証をしません。許諾ソフトウェアや文書類の品質や性能に関するあらゆる危険はお客様が負うものとします。許諾ソフトウェアに欠陥が発見された場合には、シグマがサービスや修理に関する全ての費用を負うのではなく、お客様がこれらの費用を負うものとします。 この保証の否認は本契約の本質的な部分を構成するものとします。また、お客様以外の第三者に対しても、保証はなされないものとします。

責任の制限

シグマならびに、シグマの子会社は、許諾ソフトウェアの使用に起因する、あるいは許諾ソフトウェアを使用できないことによって生じたことを含む、いかなる間接的損害あるいはその他の救済方法に関して、いかなる場合であろうとも責任を負いません。 また、逸失利益、営業機会の損失、機会の逸失、あるいは、何らかの間接損害、特別損害、偶発的損害、あるいは、派生的損害、あるいは、懲罰的な損害に対して、(許諾ソフトウェアの使用あるいは不使用から生じた法律費用を含む)一切の責任を負いません。 (上記の列挙事項は実例として掲げましたが、これらに限定されるものでもありません。) 更に、たとえ、シグマならびに、シグマの子会社がこのような損害の可能性や、法律上可能な最大限の請求を、他方の当事者から知らされていても、何ら責任を負わないものとします。 この責任の制限は、本契約書に定める救済がその基本的な目的を達しない場合にも適用されます。 また、第三者がお客様に対して起したいかなるクレームや訴訟について、シグマならびに、シグマの子会社は、お客様に対して保証する義務はまったくないものとします。

準拠法

本契約は、法の抵触の原則に関わらず、日本法が適用されるものとします。また、本契約に起因としてあるいは本契約に関わる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

他の契約の不存在

本契約書は許諾ソフトウェアと文書類に関する完全な合意を形成し、他の書面や口頭による合意に取って代わるものであります。

一般原則

本契約のいずれか、あるいはその一部が法律により無効または強制力を有しない場合においても、本契約の他の部分には影響を与えません。

一般規定

本保証は、お客様が許諾ソフトウェアを改変した場合は適用されないものとします。

* SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書にご承諾いただけない場合は、アップデート用のソフトウェアはダウンロードいただけません。

STEP 02ソフトウェアプログラムを実行します

パソコンにダウンロードされた”Update_SigmaA2470F28V2.exe”ファイルをダブルクリックしてプログラムを実行してください。実行すると下記の画面が表示されます。
* この時、カメラとパソコンはまだ接続しないで下さい

ソフトウェアプログラムを実行します

STEP 03カメラの状態を確認します

カメラの電源を入れ、「メニュー」の項目から「USB接続」の設定をご覧いただき、「マスストレージ」に設定して下さい。
* 設定が不要のカメラもございます
* パソコンとは接続しないで行って下さい

STEP 04パソコンとカメラを接続します

  • カメラにレンズが接続されている事と、メモリーカードが入っていないことを確認し、カメラ付属品のUSBケーブルを使用して、パソコンとカメラを接続して下さい。
  • 接続後Lens System Software Updaterの「次へ」ボタンを押していただくと、パソコン画面上に下記のように表示されます。
    * カメラ本体の背面液晶画面には「パソコンの指示に従ってください」と表示されます
画面左下の「アップデート情報」のバージョンを確認してください。
下記のように「アップデート対象の機種ではありません」と表示された場合は、実行したLens System Software Updaterが、カメラに装着されているアップデート対象のレンズ用であるかをご確認ください。
Lens System Software Updaterとレンズの組み合わせが正しいにも関わらず表示される場合は、Lens System Software Updaterを終了していただいた後、USBケーブルを外し、カメラの電源を切っていただいたうえで、STEP 02より再度実行して下さい。
アップデート対象の機種ではありません
下記のように「アップデートに使用できるカメラ本体が検出できませんでした。」と表示された場合、画面の指示に従って確認を行って下さい。
アップデートに使用できるカメラ本体が検出できませんでした

STEP 05レンズのバージョンを確認します

アップデート情報の欄の「現在のバージョン」の項目をご覧いただき、「Ver.01」である事を確認していただいた後に「次へ」を押していただきます。
「現在のバージョン」が「Ver.02」である場合、アップデートの必要はありませんので、画面の指示に従って終了して下さい。

レンズのバージョンを確認します

STEP 06ソフトウェアプログラムを実行します

  • アップデート情報を確認していただいた後、「次へ」ボタンを押していただき、ソフトウェアデータをカメラに転送して下さい。
    ソフトウェアデータをカメラに転送して下さい
    ソフトウェアデータ転送中はカメラの電源をOFFにしたり、USBケーブルによる接続が外れたりしないようご注意下さい。
  • ソフトウェアデータの転送が終わると、下記のように表示されますので、「終了」を押します。
    ソフトウェアデータの転送が終わったら、「終了」を押します。
  • 終了を押した後、カメラの背面液晶画面に「レンズアップデート中」と表示され、レンズのアップデートが開始されます。

STEP 07ソフトウェアプログラムを終了します

カメラの背面液晶画面に「レンズアップデートが完了しました」と表示されましたら、レンズのアップデートは完了です。画面の指示に従って終了作業を進めて下さい。終了作業後、パソコンより安全な方法でUSBケーブルを取り外して下さい。

※ アップデート完了後、カメラ本体の電源を切り、バッテリーパックまたはACアダプターを一旦取り外し電源を入れなおしてください。

STEP 08ソフトウェアバージョンアップを確認して下さい

カメラメニュー内の「バージョン情報」をご覧いただき、レンズのVer.が「02」になっていることが確認できましたら作業は完了です。

アップデートに関するお問い合わせ

株式会社 シグマ カスタマーサポート部
〒215-8530 神奈川県川崎市麻生区栗木2丁目4番16号
TEL(フリーコール):0120-9977-88※1 / FAX:044-989-7447

※1 携帯電話・PHSをご利用の方は044-989-7436 にご連絡ください。
受付時間 : 月~土 9:00-18:00※2
※2 祝日および日曜日、年末年始、弊社休業日はお休みさせていただきます。また、社内メンテナンス等で臨時休業させていただく場合もございます。
メールでのお問い合わせ先:info@sigma-photo.co.jp

レンズファームウェア アップデート手順(Macintosh)

アップデートの前に
カメラ側のファームウェアを最新版にしておいて下さい。
カメラの電源はフル充電した専用バッテリー、あるいはACアダプターをご使用下さい。
ファームウェアのアップデート中は、電池の脱落や、ACアダプターが外れないようご注意下さい。
ファームウェアのアップデート中は、カメラの電源スイッチをOFFにしないで下さい。
メモリーカードはカメラから抜いておいて下さい。
レンズをカメラに装着した状態でないとアップデートが行えません。
macOS 10.14、10.15には対応していません。アップデートが行えない方は弊社カスタマーサポートまでご依頼ください。

STEP 01アップデート用のソフトウェアを用意します

SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書をお読みいただき、ご承諾いただいた上でファイルをダウンロードして下さい。ダウンロード先はデスクトップなどご自身でお好みの場所をお選びいただき、保存して下さい。

SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書

注意:ソフトウェアプログラムをダウンロード、コピー、使用する前に必ず本契約書をお読み下さい。

本契約書とともにご提供するファームウェア用ソフトウェアプログラム(以下許諾ソフトウェア)は、お客様が「ダウンロード」ボタンを選択されたときに、本契約書(以下、「契約書」といいます)に同意頂いたものとさせて頂きます。許諾ソフトウェアをインストール使用する前に本契約書に書かれている内容をお読み下さい。もし、本条項を承諾して頂けない場合、お客様はハードウェアから許諾ソフトウェアを削除して下さい。 お客様は、本契約書で明示的に示されている場合を除いては、許諾ソフトウェアや文書あるいはそのコピーについて、使用、複製、変更、あるいは譲渡することはできません。

使用権の許諾

許諾ソフトウェアならびにそれに付随するオンライン上の文書類は、株式会社シグマ(以下、「シグマ」といいます)によってお客様へ使用権を許諾されたものであり、売却されたものではありません。本契約書の規定に従い、お客様は許諾ソフトウェアをお客様個人あるいは非営利目的でのみ、個人的な、譲渡不能な、非独占的なサブライセンス不可の使用権を有し、再販売、再使用許諾、あるいは第三者によるその他の使用は許諾されません。 お客様は、ファームウェアのアップデートに該当するレンズを所有していることを前提として、お客様が所有している、またはお客様の管理下にあるコンピューターにおいてのみ許諾ソフトウェアを使用してもよいものとします。お客様は、許諾ソフトウェアや文書類の内容を不正使用や無断使用をせずにその内容の保護に同意して頂きます。シグマはお客様に対して明示的に与えられない全ての権利を留保するものとします。

使用権の制限事項

お客様は、許諾ソフトウェアの使用に際し、以下のことに同意していただくものとします。

  • 許諾ソフトウェアを譲渡、権利移転、リース、貸与あるいは時間貸しすることはできません。
  • 許諾ソフトウェアの全部、または一部を修正、改変することはできません。
  • 許諾ソフトウェアに由来するプログラムの全部、または一部を修正、あるいは作成することはできません。
  • 許諾ソフトウェアの全部または一部を逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、あるいは許諾ソフトウェアのソースコード、基礎となっているアイデア、アルゴリズム、構造や、構成を読み取ることなどはできません。

お客様は、シグマによって、許諾ソフトウェアや文書類あるいはそれらの中に付されたあるいは埋め込まれたいかなる著作権に対する注意書きやその他の権利に対する注意書きを取り除いたり、変更したり、隠したり、紛らわしくさせたりすることはできません。

制限

お客様は、本契約あるいはそれに関する権利および義務について、いかなる理由をもってしても、再使用許諾、譲渡、委任、賃貸、リース、時間貸し、あるいはその他の方法による権利の譲渡はできません。お客様による、再使用許諾、譲渡、権利の委任、その他の権利の移転は全て無効となります。

著作権

許諾ソフトウェアおよびそれに関連する文書は著作権があります。 お客様は、お客様が所有している、またはお客様の管理下にあるコンピューターにて、該当するレンズのアップデートを行うためだけに限り、許諾ソフトウェアをコピーしてよいものとします。 お客様は、許される範囲でコピーされた個々のプログラムにつき、文書類のコピーを一部作成してもよく、また、オンラインドキュメント、あるいはその他、お客様に電子的な形で提供された資料を一部のみ印刷してよいものとします。 上記を除く、お客様によってなされた、許諾ソフトウェアのコピーや文書類のコピーはいかなる形であれ、本契約の違反となります。

所有権

お客様は許諾ソフトウェアおよび文書類に関する、全ての知的所有権を含む、あらゆる権利、権限、利権について、著作者に属することに同意するものとします。 お客様は、許諾ソフトウェアおよび文書類、またはそれらに関連する特許、著作権、商標、あるいはその他の知的財産権に対する請求権や所有権を持つことや請求することをしない、ということに同意するものとします。 シグマは、いかなるときにおいても、オリジナルまたはオリジナルから得られたコピーが保存されている媒体あるいはそのメディアの如何を問わず、文書類や許諾ソフトウェア自体に含まれている、全ての権利、権限、利権を有します。 本契約はオリジナルやオリジナルから得られるコピーを販売するためのものではありません。許諾ソフトウェアを通じて得ることのできた全ての事柄は、それを得た者の財産となり、適用される著作権の法律によって守られうるものです。 本契約はこのようにして得た著作物についての権利を、左右するものではありません。

保証の限定

シグマは許諾ソフトウェアと文書類を「現状」のままで提供し、明示的、黙示的にも、また規定上でも、その商品性、権利非侵害、および特定目的に関する保証、または許諾ソフトウェアにバグがないこと等、その他、製品に関する一切の保証をしません。許諾ソフトウェアや文書類の品質や性能に関するあらゆる危険はお客様が負うものとします。許諾ソフトウェアに欠陥が発見された場合には、シグマがサービスや修理に関する全ての費用を負うのではなく、お客様がこれらの費用を負うものとします。 この保証の否認は本契約の本質的な部分を構成するものとします。また、お客様以外の第三者に対しても、保証はなされないものとします。

責任の制限

シグマならびに、シグマの子会社は、許諾ソフトウェアの使用に起因する、あるいは許諾ソフトウェアを使用できないことによって生じたことを含む、いかなる間接的損害あるいはその他の救済方法に関して、いかなる場合であろうとも責任を負いません。 また、逸失利益、営業機会の損失、機会の逸失、あるいは、何らかの間接損害、特別損害、偶発的損害、あるいは、派生的損害、あるいは、懲罰的な損害に対して、(許諾ソフトウェアの使用あるいは不使用から生じた法律費用を含む)一切の責任を負いません。 (上記の列挙事項は実例として掲げましたが、これらに限定されるものでもありません。) 更に、たとえ、シグマならびに、シグマの子会社がこのような損害の可能性や、法律上可能な最大限の請求を、他方の当事者から知らされていても、何ら責任を負わないものとします。 この責任の制限は、本契約書に定める救済がその基本的な目的を達しない場合にも適用されます。 また、第三者がお客様に対して起したいかなるクレームや訴訟について、シグマならびに、シグマの子会社は、お客様に対して保証する義務はまったくないものとします。

準拠法

本契約は、法の抵触の原則に関わらず、日本法が適用されるものとします。また、本契約に起因としてあるいは本契約に関わる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

他の契約の不存在

本契約書は許諾ソフトウェアと文書類に関する完全な合意を形成し、他の書面や口頭による合意に取って代わるものであります。

一般原則

本契約のいずれか、あるいはその一部が法律により無効または強制力を有しない場合においても、本契約の他の部分には影響を与えません。

一般規定

本保証は、お客様が許諾ソフトウェアを改変した場合は適用されないものとします。

* SIGMA ソフトウェアプログラム使用許諾契約書にご承諾いただけない場合は、アップデート用のソフトウェアはダウンロードいただけません。

STEP 02ソフトウェアプログラムを実行します

パソコンにダウンロードされた”Update_SigmaA2470F28V2.dmg”ファイルをダブルクリックしてプログラムを実行してください。実行すると下記の画面が表示されます。
* この時、カメラとパソコンはまだ接続しないで下さい

管理者アカウントでログインをして下さい
管理者アカウントでログインをして下さい。ログイン後、Lens System Software Updaterが立ち上がります。
ソフトウェアプログラムを実行します

STEP 03カメラの状態を確認します

カメラの電源を入れ、「メニュー」の項目から「USB接続」の設定をご覧いただき、「マスストレージ」に設定して下さい。
* 設定が不要のカメラもございます
* パソコンとは接続しないで行って下さい

STEP 04パソコンとカメラを接続します

  • カメラにレンズが接続されている事と、メモリーカードが入っていないことを確認し、カメラ付属品のUSBケーブルを使用して、パソコンとカメラを接続して下さい。
  • 接続後Lens System Software Updaterの「次へ」ボタンを押していただくと、パソコン画面上に下記のように表示されます。
    * カメラ本体の背面液晶画面には「パソコンの指示に従ってください」と表示されます
画面左下の「アップデート情報」のバージョンを確認してください。
下記のように「アップデート対象の機種ではありません」と表示された場合は、実行したLens System Software Updaterが、カメラに装着されているアップデート対象のレンズ用であるかをご確認ください。
Lens System Software Updaterとレンズの組み合わせが正しいにも関わらず表示される場合は、Lens System Software Updaterを終了していただいた後、USBケーブルを外し、カメラの電源を切っていただいたうえで、STEP 02より再度実行して下さい。
アップデート対象の機種ではありません
下記のように「アップデートに使用できるカメラ本体が検出できませんでした。」と表示された場合、画面の指示に従って確認を行って下さい。
アップデートに使用できるカメラ本体が検出できませんでした

STEP 05レンズのバージョンを確認します

アップデート情報の欄の「現在のバージョン」の項目をご覧いただき、「Ver.01」である事を確認していただいた後に「次へ」を押していただきます。
「現在のバージョン」が「Ver.02」である場合、アップデートの必要はありませんので、画面の指示に従って終了して下さい。

レンズのバージョンを確認します

STEP 06ソフトウェアプログラムを実行します

  • アップデート情報を確認していただいた後、「次へ」ボタンを押していただき、ソフトウェアデータをカメラに転送して下さい。
    ソフトウェアデータをカメラに転送して下さい
    ソフトウェアデータ転送中はカメラの電源をOFFにしたり、USBケーブルによる接続が外れたりしないようご注意下さい。
  • ソフトウェアデータの転送が終わると、下記のように表示されますので、「終了」を押します。
    ソフトウェアデータの転送が終わったら、「終了」を押します。
  • 終了を押した後、カメラの背面液晶画面に「レンズアップデート中」と表示され、レンズのアップデートが開始されます。

STEP 07ソフトウェアプログラムを終了します

カメラの背面液晶画面に「レンズアップデートが完了しました」と表示されましたら、レンズのアップデートは完了です。画面の指示に従って終了作業を進めて下さい。終了作業後、パソコンより安全な方法でUSBケーブルを取り外して下さい。

※ アップデート完了後、カメラ本体の電源を切り、バッテリーパックまたはACアダプターを一旦取り外し電源を入れなおしてください。

STEP 08ソフトウェアバージョンアップを確認して下さい

カメラメニュー内の「バージョン情報」をご覧いただき、レンズのVer.が「02」になっていることが確認できましたら作業は完了です。

アップデートに関するお問い合わせ

株式会社 シグマ カスタマーサポート部
〒215-8530 神奈川県川崎市麻生区栗木2丁目4番16号
TEL(フリーコール):0120-9977-88※1 / FAX:044-989-7447

※1 携帯電話・PHSをご利用の方は044-989-7436 にご連絡ください。
受付時間 : 月~土 9:00-18:00※2
※2 祝日および日曜日、年末年始、弊社休業日はお休みさせていただきます。また、社内メンテナンス等で臨時休業させていただく場合もございます。
メールでのお問い合わせ先:info@sigma-photo.co.jp