SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sportsに搭載されているカスタムモードスイッチC1、C2はどのように使用しますか。

カスタムモードスイッチOFF、C1、C2にはあらかじめ手ブレ補正作動時のEVF、液晶モニターの見え方が設定されており、撮影者の好みや用途に応じて切り替えることができます。
尚、Lマウント用は、別売りのUSB DOCK UD-11をUSBケーブルを介してPCに接続し、ソフトウェアSIGMA Optimization Proを用いることで手ブレ補正作動時のファインダー、モニターの見え方やフォーカススリミッターの範囲をカスタマイズすることができ、その設定をカスタムモードスイッチC1、C2に登録することができます。

※カスタムモードスイッチの初期設定
OFF:スタンダード
標準仕様の設定で、あらゆる被写体をファインダーに捉えやすく、撮影シーンを選ばない、オールラウンドなファインダー像を提供します。
C1:ダイナミック ビュー
貼り付くように止まる、安定したファインダー像を提供します。カメラをしっかりと構えにくい状況でも容易に構図の確認ができます。
C2:モデレート ビュー
構図の微調整と手ブレの違いを瞬時に判別して手ブレ補正を最適に制御し、ナチュラルなファインダー像を提供します。構図変更を繰り返すような場面でも、撮影者に違和感を与えません。

記事ID
16018
公開日
2021.07.29
更新日
2021.07.29