非球面レンズ

シグマでは、光学性能を高め、コンパクト化を実現するために非球面レンズを効果的に活用しています。球面レンズだけでは補正が困難な球面収差やディストーションの補正に効果を発揮する非球面レンズは、さらに高倍率ズームなどで画質の向上や小型・軽量化にも大きく貢献します。シグマが採用している非球面レンズには、樹脂をガラスレンズ表面に非球面形状に形成して作るハイブリッド非球面レンズと、ガラスレンズ素材を直接、非球面形状に成型して作るグラスモールド非球面レンズの2種類があります。