AFLボタン

カメラから任意の機能を割り当てられ、レンズ側での操作の幅が広がります。