クラシックな画角を最新のレンズ設計で

28mmという焦点距離は、フィルムの時代から広角レンズを代表する存在であり、現代でも愛好家の多い画角です。そのため、かねてこの28mmの画角をArtラインのクオリティで実現してほしいというご要望を多くいただいていました。その声に応える形でスタートした開発では、これまでのArt F1.4単焦点レンズのノウハウを基盤に、最新の設計と素材、そして加工技術を惜しみなく投入しています。Artライン単焦点シリーズの伝統的レンズが、満を持しての登場です。

クラス最高性能を実現

FLDガラス2枚、SLDガラス3枚を採用。さらに大口径非球面レンズを含む非球面レンズ3枚を効果的に配置することにより、広角レンズで特に気になる倍率色収差を徹底的に補正。画面周辺まで高い解像感を実現するとともに、サジタルコマフレアの補正を徹底し、ディストーションも十分に補正しています。風景 、スナップ、星野写真と、様々な被写体に対して最高のパフォーマンスを発揮します。

あらゆる環境での使用に対応した設計

レンズ最前面の撥水防汚コーティングとともに、各所にシーリングを施した防塵、防滴性の高い構造を採用し、過酷な撮影環境でも実力を発揮します。また、最新のアルゴリズムによる超音波モーターHSMの高速AFにより、瞬時のシャッターチャンスに応えます。

仕様詳細

  • 撥水/防汚コーティング

    最前面と最後面のレンズには水滴が容易に拭き取れ、油脂の付着を防ぐ撥水・防汚コーティングを採用。過酷な状況での快適な使用を助けるとともに、レンズ表面のメインテナンスも容易となりました。

  • 防塵防滴性の高い構造

    プロの過酷な撮影状況に対応。マウント接合部、マニュアルリング、ズームリングや、カスタムスイッチ等の操作系スイッチ、スイッチパネルや外装部の接合部などに防塵、防滴仕様を採用し、ゴミやホコリの侵入を防ぎます。

  • 高速なAF

    超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)の搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。

  • ロックスイッチ付フードを採用

    不意な脱着を防ぐロックスイッチ付フードを採用しています。

  • マニュアルオーバーライドMO(Manual Override)を搭載

    コンティニアスAFの最中でもピントリングを回転させることによりマニュアルフォーカスに切り替えることが可能となります。

    ※ マウントによって機構の初期動作が異なります。

選べるArt大口径広角レンズ

 このレンズの登場で、35mmフルサイズ対応大口径広角単焦点レンズは14mmから35mmまで、ラインアップが5本に。すべてのレンズラインアップを大口径(20mm~35mmまではF1.4、14mmはF1.8)で揃えていますので、お好みに応じた画角でボケを生かした背景処理が可能、撮影者のイマジネーションに応えます。

キヤノン製カメラの「レンズ光学補正」機能に対応

周辺光量・色収差・歪曲収差補正に対応し
レンズの潜在能力をさらに引き出す

キヤノン用については、カメラに搭載されるカメラ内収差補正機能「レンズ光学補正」(「周辺光量補正」、「色収差補正」、「歪曲収差補正」) に対応。レンズの光学特性に合わせた補正が、さらなる画質向上を可能にします。

※ 対応しているカメラに限ります。またカメラによって補正出来る項目が変わります。 キヤノン用対応機種について

フレア、ゴーストに配慮した設計

レンズ設計の初期段階からフレア、ゴーストに対する対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っています。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア、ゴーストの発生を軽減し、逆光時の撮影においてもコントラストの高い描写を実現。付属の花形フードの装着により、レンズの描写に悪影響を与える有害光を効果的にカットし、内面反射の発生を防ぎます。

ニコン用にも電磁絞り採用

ボディ側からの電気信号で絞りを制御する電磁絞り機構の搭載により、高速連写時のAE安定性向上を図りました。

※ カメラによって使用に制限のある場合があります。

高精度、堅牢な真鍮製バヨネット・マウント

高い精度と堅牢性を兼ね備えた真鍮製マウントを採用。長期使用に耐えうるよう、表面処理を施して強度を高め、高品質なレンズづくりを実現しました。

円形絞り

9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近で円形のボケを楽しむことができます。

フルサイズソニー Eマウントに
完全対応

デジタル一眼レフ用の光学設計でありながら、ミラーレスカメラ用マウントであるソニー Eマウントに対応しました。この対応により、当社製マウントコンバーターMC-11を介さずにソニー Eマウントのカメラが使用可能です。MC-11と同様、カメラ内手ブレ補正機能、カメラ内収差補正機能「レンズ補正」(「周辺光量補正」、「倍率色収差補正」、「歪曲収差補正」)にも完全対応しています。また、MC-11では未対応のコンティニュアスAFも使用可能です。

※ 本製品は、ソニー株式会社とのライセンス契約の下でライセンスを受けたEマウント仕様書に基づき開発・製造・販売されています。 SEマウント追加の詳細はこちら

製品と「ものづくり」に凝縮された
シグマのフィロソフィ

新ラインの共通コンセプト

シグマの写真とレンズに対する考え方をかたちにした新ラインでは、すべての交換レンズは Contemporary、Art、Sports の3つのいずれかに集約、共通の開発思想と生産体制のもとでつくられます。
高性能、高品質、高品位をお約束することはもちろん、あらゆる写真愛好家の方々に、変わらぬ価値と感動を感じていただくために、ひとつひとつの製品と工程に「ものづくり」への情熱を込めてお届けします。