Ani Watanabe’s ImpressionSIGMA New Mirrorless Lens Series

本格的なミラーレス化が加速する現在、高性能なフルサイズミラーレスカメラに対応できるレンズへの期待はますます高まっています。その一方で、性能やサイズ、ラインアップの充実度、複数のシステム併用の負荷などの点から、ミラーレス用レンズシステムの選択肢がないと感じている方も多いのではないでしょうか。こうした状況に対する最適解としてSIGMAが新たに開発、提案するのが、このミラーレス専用レンズシリーズです。

SIGMAは、Contemporary、Art、Sportsのコンセプトはそのままに、ミラーレスカメラの特徴であるショートフランジバックを活かした設計により、これまでにない仕様や性能の交換レンズを開発していきます。その第一弾として2019年7月に3本のレンズを発表しました。
こちらのページでは、写真家・ワタナベアニ氏がSIGMAの新しいミラーレス専用レンズシリーズを使用したインプレッションと作品をご覧いただけます。

14-24mm F2.8 DG DN | Art

ミラーレスに最適化した最新設計による
究極の大口径超広角ズームレンズ。
圧倒的な解像感を発揮する
「星景写真用レンズの決定版」
14-24mm F2.8 DG DN | Art
の製品詳細はこちら

45mm F2.8 DG DN | Contemporary

常用単焦点レンズにふさわしい性能と
サイズのベストバランスを追求。
Contemporaryラインの
フルサイズミラーレス専用レンズ、登場。
45mm F2.8 DG DN | Contemporary
の製品詳細はこちら

35mm F1.2 DG DN | Art

SIGMA初の開放値F1.2、
大口径単焦点レンズを最高性能で。
35mm F1.2 DG DN | Art
の製品詳細はこちら

ワタナベアニ

1964年横浜生まれ 。ライトパブリシティ勤務を経て、NINJAFILMS設立。
2006年よりアートディレクターと並行して写真家としての活動を本格的にスタート。
雑誌・広告・ファッションカタログ、国内外での写真展を中心に活動。

watanabeani.com