新着記事

第313回 銚子 / Choshi

押本龍一「私の出会う光景」

昨年末、千葉県北東部に位置する銚子市へ初めて訪問した。土地勘のない私は、ナビの目的地を有名な犬吠埼灯台にセットし、銚子大橋で利根川を渡り銚子市に入った。灯台を目指して千葉県道254号銚子公園線を少し南下し、犬吠埼灯台まで続く日本の渚百選に選定さている君ヶ浜と呼ばれる長い砂浜の北端に車を停め、この日の撮影を開始した。

第241回 寒い日の登戸周辺ブラブラ

シグブラ

ふと思い立ち、シグマで一番明るいレンズ「SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art」を持ってブラブラと出かけることにした。過去の連載を見返してみると、どうやら寒い時期にこのレンズを重用しているのが分かる。なぜだろうか?気温はまだまだ低いものの日照時間が延びつつあるので、遅い時間までブラブラと徘徊したくなるからであろうか。F1.2の大きいボケが美しいからだろうか?そんなことを思いながら小田急線の登戸駅から多摩川の河川敷を目指した。

第312回 初冬の北浦 / Lake Kitaura in early winter

押本龍一「私の出会う光景」

昨年末、関東地方でハクチョウが見られる場所を探し、茨城県潮来市にある北浦湖岸の「白鳥の里」を見つけた。潮来市のHPに「初めて白鳥が飛来したのは、昭和56年に6羽で、現在は100羽以上飛来する年もあります。」とあり、年度別白鳥飛来数が書かれた表によると、平成25年度から100羽を超え、令和2年度は430羽に達していた。例外もあるが、例年の飛来日は11月中旬で飛散日は3月下旬と思っていいようだ。

新しい地平を切り開いてくれる超望遠レンズ | メンノ・ファン・デル・ヴィーン Menno van der Veen

60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS | Sports Special Impression

SIGMA 60-600 F4.5-6.3 DG DN OS|Sportsという未知のレンズを使ってみないかと言われたときは、ほんの一瞬、迷ってしまいました。しかし、私は新しいことに挑戦するのが大好きです。さらに、今日のミラーレスカメラは、特に現在のソフトウェアとの組み合わせで、高感度ISOによってもたらされた、かつては克服できなかった問題を解決しました。

頼もしい万能レンズで愉快な生き物たちを撮る | アンドリュー・ジェームス Andrew James

60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS | Sports Special Impression

60-600mmは焦点距離が広いので、動物をその風景の中で小さく写したカットから、フレームを埋めるほどのアップのカットまでアプローチの選択肢が充実していました。私がこの柔軟性を重視するのは、それほど動き回らずともさまざまな構図を探れるからです。

60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS|Sports

20mm F1.4 DG DN | Art

  • 星景写真の撮影に適した夢のレンズ | ジャック・フスコ Jack Fusco

    20mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    ジャック・フスコ氏はアメリカを拠点とする天体写真家です。 メリーランド州のアサティーグ国立海岸とニューヨーク州イサカ近くのタガノック滝で、星空、滝、天の川を撮影していただき、 20mmの広角は自然の壮大さを伝えます。 彼は、画面の隅々まで素晴らしいこのレンズの光学性能に驚かされたと語っています。 星は光の点として写っており、まさに天体写真家の理想通りの写りです。

  • 情熱とは、より大きな世界へ視野を広げること | トニー・ノエル Tony Noël

    20mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    フランスを拠点に活動するアクションフォトグラファーのトニー・ノエルさんにも新しい20mm F1.4 DG DN | Artを使用していただきました。彼の主な被写体であるダンサーの、ダイナミックな動きの表現に情熱をかける彼は、更に殻を破るため、広角レンズに挑戦しています。同じようなシーンであってもバリエーションの幅を拡げる20mmのレンズを気に入っていただけました。広角レンズならではのテンションと、クローズアップしているかのような効果で、似たようなシーンの撮影において一種のリズムを生み出していることが分かります。

  • 楽屋でもステージでも活躍する20mm | ディーン・シャーウッド Dean Sherwood

    20mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    撮影者のディーン・シャーウッド氏はロンドンを拠点とする写真家兼撮影監督であり、主にミュージシャンを撮影します。 彼は20mmは楽しい焦点距離だと語っています。 ほとんどの人は広角レンズは風景撮影用レンズだと思うかもしれませんが、ドラマーとステージ背景の間や、楽屋の舞台裏、スタジオのような狭いスペースで使用するのに最適です。 彼はまた、このレンズは彼のライカSL2と美しくバランスが取れているともコメントしています。軽量ながらもおもちゃのような感じはなく、丈夫で、信頼できるレンズのようです。

  • 目で見る星空風景のさらに深淵にあるものを求めて | 沼澤 茂美

    20mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    撮影者の沼澤茂美さんは日本の天体写真家です。 見事な天の川の写真です。沼澤さんからは、このようなコメントをいただいています。
    「驚くべきことに20mm F1.4 DG DN | Artでは、サジタルコマフレアが、絞り開放からほぼ完璧に近く抑えられている。コントラスト、口径食、そしてF1.4での逆光に対する性能も完璧で、安心してその開放性能を享受できるのは素晴らしいことだ。」

24mm F1.4 DG DN | Art

  • 若々しい創造力を甦らせるレンズ | ベネディクト・ブレイン Benedict Brain

    24mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    ベネディクト・ブレインさんはイギリスを拠点とする写真家、ジャーナリスト、作家です。これはニューヨークを訪れた際に撮影したものです。ニュー・トポグラフィックスなどの写真家からインスピレーションを受け、ドキュメンタリー的なアプローチで風景に迫りました。彼は、都市開発の郊外で撮影を行いました。彼の写真からは、人間と自然との関係をカメラで考察し、探求することを好んでいることが見てとれます。また、都市のトポグラフィだけでなく、旅先で出会った人々の写真も撮影しています。

  • 写真のなかに入り、 風景を極める | フランチェスコ・リッカルド・ヤコミーノ Francesco Riccardo Iacomino

    24mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    イタリアを拠点とし、世界中を旅する旅行と風景写真家のフランチェスコ・リッカルド・ヤコミーノさんは24mm F1.4 DG DN | Artを持って、風景写真のルーツである中央イタリアを旅行しました。 絵のように美しい風景から天の川まで、彼はこのレンズをさまざまな方法で楽しんで、旅行中の思い出を捉えました。このレンズが多様なシーンに対応し、風景を見事に描ききっていることがわかります。

  • 撮りたい情景の核心を捉えるレンズ | リアム・ドラン Liam Doran

    24mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    撮影者のリアム・ドランさんはアメリカを拠点に活動するアウトドアフォトグラファーです。 彼は新しい24mmを使用して、高山での風景や、マウンテンバイクを撮影しています。 彼は、このレンズは洗練されたものであり、 明るくシャープであるだけでなく、小さくて軽いとコメントしています。この信じられないほど用途の広いレンズで、アクションスポーツと風景の両方を撮影するのを楽しんでいただけました。 24mm F1.4 DG DN | Artは、ほぼすべての写真家のバッグの中に居場所を見つけるだろうと語ってくれています。

  • 周辺環境ポートレートへの情熱を 支えるレンズ | サヒム・アメッド Sahim AHMED

    24mm F1.4 DG DN | Art Special Impression

    サヒム・アメッドさんはフランスを拠点とする周辺環境ポートレート写真家です。 普段はSIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artを使用していますが、今回はポートレート撮影に新たな変化をつけるため、24mm F1.4 DG DN | Artに挑戦しました。 パリのモデルたちを様々なロケーションで撮影しました。彼は印象的な光学性能を高く評価しています。 彼はまた、機材を最小限にすることを目指すミニマリストであり、この24mm F1.4 DG DN | Artは、彼のワークフローと彼が撮影する写真のスタイルに適合する、「頼りになるレンズ」だとコメントしています。

プレミアムコンパクトプライム・Iシリーズ

SIGMA fp series 関連情報

  • SIGMA fp Impression

    写真家/シネマトグラファーによる、SIGMA fpを使用したファーストインプレッション

    5件のコンテンツ

  • + fp

    「撮ること」の可能性を無限に拡げるfp。ここでご紹介するのは、実際にfpを使っているユーザーのリアルなスタイルと、その可能性です。何気ない日常に、仕事の最前線に、忘れられない旅の記憶に、それぞれの日々に寄り添うカメラです。そしてfpの世界を広げていくのは、あなた自身でもあります…

    10件のコンテンツ

  • fp Style

    ジャンルやシーン、レベルの垣根を超えて“人に合わせるカメラ”、SIGMA fpがもたらす自由で多様な撮影スタイル

    11件のコンテンツ

SIGMAオリジナル映像作品

カテゴリ

  • SIGMAカメラ

    インプレッションやギャラリーをはじめとした、SIGMAカメラに関するコンテンツ。

    10件のコンテンツ

  • Contemporaryラインレンズ

    インプレッションやギャラリーをはじめとした、Contemporaryラインレンズに関するコンテンツ。

    16件のコンテンツ

  • Artラインレンズ

    インプレッションやギャラリーをはじめとした、Artラインレンズに関するコンテンツ。

    14件のコンテンツ

  • Sportsラインレンズ

    インプレッションやギャラリーをはじめとした、Sportsラインレンズに関するコンテンツ

    7件のコンテンツ

  • Otherレンズ

    その他レンズ製品に関するコンテンツ

    8件のコンテンツ

  • シネレンズ

    SIGMAシネレンズに関するコンテンツ。

    1件のコンテンツ

  • シグブラ

    シグマを持ってアチコチをブラブラ。写真家・三井“サスラウ”公一が綴るフォトダイアリー。

    74件のコンテンツ