fp L

展覧会用のプリントにも
耐え得る十分なクオリティー

濱田 祐史

私は作品ごとにいくつかのフィルムカメラ、デジタルカメラから必要に応じて使い分けて制作している。また時にはカメラを使わないことが適していると感じた場合はカメラも使わないこともある。
それは自分がこうだと思っている中で完結させるのではなく、そうすることで目に見えている物事と同時に見えない部分がより写真に宿ってくると考えているからだ。

前回の第一印象と同じくfp Lもとても軽く持ち歩きやすかった。解像度やデータについてはもはや語るまでもないとも思うが、展覧会用のプリントにも耐え得る十分なクオリティーを持っていると感じた。特に気に入ったのが外付けデジタルファインダーだ。覗いた時の画質も良く、光学ファインダーに近いニュアンスでフレームを覗き込めて、じっくりと撮影することができた。おそらくフィルムカメラと併用している人にとってはこのファインダーを使用することで、より心地よく使えるのではないだろうか。レンズはいくつか使ったが気がつけば105mm F2.8 DG DN MACRO | Artでばかり撮影していた。

今回は近所のおおよそ1.5km圏内で撮影した。カメラの客観性を見たかったのでPhotoshopや現像ソフトでの加工は一切していない。ただカメラ側でフィジカルに押せるトーンボタンでハイライトとシャドウを自分の設定に確立し、カラーボタンの中にある気になったモード(Duotone、Powder Blue)も使って撮影し、無加工のjpgのみで構成した。

濱田祐史 2021/03/04

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F5.6, 1/200s, 105mm, Color Mode: Sunset Red

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F4, 1/1600s, 105mm, Color Mode: Standard

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F8, 1/800s, 105mm, Color Mode: Standard

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F8, 1/800s, 105mm, Color Mode: Powder Blue

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 100, F3.5, 1/320s, 105mm, Color Mode: Duotone

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F2.8, 1/40s, 105mm, Color Mode: Duotone

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 800, F14, 1/200s, 105mm, Color Mode: Powder Blue

SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
ISO 1600, F11, 1/2000s, 105mm, Color Mode: Powder Blue