第278回

コビサワラ原生林へ / To Kobisawara primeval forest

July 15, 2021

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art
シャッタースピード 1/8s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 14mm
カラーモード モノクローム

伊豆半島の最高峰・万三郎岳(標高1406m)の北3km、標高700~800mの山中にほぼ手つかずの原生林が残されている。コビサワラ原生林と名付けられてはいるがあまり知られていないようで、土曜日だったが、誰にも会わず独り散策した。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

6月最後の土曜日、伊豆スカイラインを南下し冷川料金所で降り、ナビに従い県道を走り、天城山の北麓を源流とする狩野川の支流である地蔵堂川にかかる滝川橋を渡り、朝7時過ぎに静岡県伊豆市地蔵堂にある市営の萬城の滝キャンプ場に到着した。キャンプ場の駐車場は周辺を散策する人用の駐車場も兼ねている。私は車を停めて、駐車場から近い地蔵堂川にかかる萬城の滝へ歩いた。2万4000年前に地蔵堂火山が誕生し、そこから流れだした溶岩流の末端に柱状節理が見られる萬城の滝がある。以前は滝の裏側から見ることができたので、裏見の滝とも呼ばれるが、崩落のため滝の裏へ回る歩道は現在閉鎖されている。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/160s
絞り値 F7.1
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 42.7mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

地蔵堂川にかかる滝川橋から撮影。所々に紫陽花が咲く梅雨の晴れ間の朝だった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/160s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 64.1mm
ホワイトバランス オート
カラーモード 風景

地蔵堂川沿いにわさび田が続く。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F4.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 200
焦点距離 14mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

落差20mの萬城の滝は、補強工事のため本来の自然な形でない部分もあるが、迫力のある滝だ。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/25s
絞り値 F3.5
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 70mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード フォレストグリーン

萬城の滝周辺は濃い緑の世界。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

滝川橋から見た地蔵堂川とわさび田、激しく流れ落ちる萬城の滝の様子。

萬城の滝からは、地蔵堂川沿いの林道を南へ1時間ほど歩き、コビサワラ原生林への入り口に到着した。林道沿いはわさび田が続き、わさび農家の軽トラが数台走りすぎて行った。コビサワラ原生林への入り口には、地蔵堂川に注ぐ清流のコビサワラ川を渡り、杉と檜の植林に入り、ジグザグの山道を登り、涸沢を渡り到着した。入り口から45分の登りは、石がゴロゴロしていた区間もあり登山靴を履いて来て正解だった。伊豆市の観光サイトでは、ブナ、ケヤキ、モミ、ヒメシャラ、アカガシ、タブノキ、イタヤカエデ、ミズキ等が生息し、原生林を1周するには30分と説明されているが、写真を撮りながら散策した私は2時間滞在した。ハイカーには会わなかったが、一度私の後方に大きな音がしたので、振り向くとイノシシらしい動物が森の中を走り過ぎて行った。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/30s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 57.8mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

林道脇で見かけた山の神。
鳥のさえずりとコビサワラ川の流れが響き渡っていた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/50s
絞り値 F4.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 32.5mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

コビサワラ原生林への入り口は清流のコビサワラ川を渡る木橋から始まる。
木漏れ日が差す美しい光景に期待が膨らんだ。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/25s
絞り値 F6.3
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 24mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード フォレストグリーン

杉と檜の植林。
鹿に食われないように木の根本に緑のネットが張られている。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 14mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

大きなヒメシャラを見上げる。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F3.5
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 105mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ビビッド

原生林には木がたくさん倒れていた。
倒木に飛んで来たハチはオナガバチの一種だろうか?
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/13s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 24mm
ホワイトバランス 色温度指定
カラーモード 風景

倒木にキノコが生えていたが、このキノコの名前は調べても分からなかった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary

地蔵堂川沿いの林道を歩き、清流のコビサワラ川を渡り、杉と檜の植林を経てコビサワラ原生林を散策した。

登って来た林道を引き返し、萬城の滝キャンプ場に戻ると、バンガローからは子供の声が聞こえてきたが、土曜日の割には静かだった。私は登山靴からスニカーに履き替えて、帰りは伊豆スカイラインを北上し帰宅した。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/250s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 24mm
ホワイトバランス オート
カラーモード 風景

帰り道、伊豆スカイラインの池の向駐車場で、眺望案内図の写真とほぼ同じ画角で撮影。
天気が崩れはじめ、駿河湾、沼津市、富士山が霞んでいた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary

萬城の滝は2010年から2011年にかけ、崩落防止のためモルタルで埋める補強工事が行われた。そのことで、伊豆半島ジオパーク構想にリストされなかったようだが、迫力は満点だった。コビサワラ原生林はその名の由来も定かでなくGoogleマップにも表示されないが、森林浴を楽しむには絶好の場所だった。地蔵堂川の源流に近い辺りの情報は殆どないが、秘境感がありそうなので一度散策してみたい。その際は、帰宅を急がず、バーベキューエリアが充実している萬城の滝キャンプ場のバンガローに宿泊するつもりだ。

萬城の滝