第292回

武山 - 砲台山 - 三浦富士を縦走 / Traverse Mt.Takeyama - Mt.Houdaiyama - Mt.Miura-Fuji

February 15, 2022

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/200s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
カラーモード モノクローム

神奈川県三浦半島中央部の里山の風景を新レンズのSIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporaryで切りとった。農園の間を老人が下って行き、しばらくすると上がって来た。その規則正しく無駄のない歩き方はコースが決まった日課の散歩に見えた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

2月初旬、神奈川県の三浦半島中央部の低山を縦走した。地元の観光協会のHPでは京急長沢駅からスタートして低山を縦走し、京急津久井浜駅をゴールとするコースが紹介されている。私は電車には乗らず現地へ車で向かった。
ハイキングコースは、山の南麓から北へ向かって標高183mの三浦富士へ登り、そこから西へ縦走し、標高204mの砲台山を経て、標高200mの武山へ至り、南へ下り戻るのが一般的なようだ。縦走する最後のピークを三浦富士にしたかったので、山の南麓にある小さな空き地に設けられた駐車場に車を停め、先ずは武山を目指した。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/400s
絞り値 F2.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 曇り
カラーモード スタンダード

風も強く寒かった朝、みかん畑を通り抜け、ハイキングコース入り口の手前まで歩くと、マフラーを首に巻きガウンに身を包んだお洒落な女性のお地蔵様が立っていた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

武山へ到達する途中、龍塚(りゅうちょう)というサインに従い、一旦コースから離れた。龍塚は、武山の山頂一角にある浄土宗の寺である武山不動院持経寺の山号で、日照り続きで水不足の時、大蛇が水を求めて武山不動院下の井戸付近で力尽きて死んでしまい、哀れに思った村人が埋葬しようとしたが、あまりにも重く首だけ切って埋葬した場所だと言い伝えられている。昔は大蛇を龍と呼び、干照りの時はこの龍塚で雨乞いの祈祷を行ったが、その後住宅が建ち田も無くなったので現在では雨乞いの祈祷は行われていないそうだが、神秘的な空間だった。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/400s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

山号でもある龍塚に立ち寄っていたので、親密感を持って境内に入った、龍塚山武山不動院持経寺。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

誰にもすれ違うことなく登った武山の頂上には、持経寺の境内の他に展望台とトイレも完備され、数人のハイカーが景色を眺めていたが、雲が多く富士山は見えなかった。頂上付近で土木工事が行われ作業音が気になったので長居はせず、東に続くハイキングコースを進んだ。砲台山(大塚山)に立ち寄ると10人程の女性が、砲台横の広場でエクササイズを行っていたのでここにも長居はしなかった。三浦富士では、下から走り登って来た男性とトレイルランニングのことや写真について話し、撮影もゆっくりと出来た。椅子もテーブルもない狭い空間だったが居心地がよく、縦走最後のピークに一番長居をした。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/200s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
カラーモード モノクローム

大塚山は昭和初期に海軍が砲台をつくったことから砲台山と呼ばれるようになった。
鉢状の砲台の中央には高角砲が据えられていたようだ。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/500s
絞り値 F6.3
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード ティールアンドオレンジ

砲台山から少し東へ歩いて行くと見晴台があり、年配のご夫婦がティータイムを楽しんでいた。
雲が多かったが、その分時より差す陽が有り難かった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/100s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
カラーモード モノクローム

根が張り出した細い尾根を歩き三浦富士に近づいて行く。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/250s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
カラーモード モノクローム

三浦富士の山頂には浅間神社の奥宮があり浅間山とも呼ばれている。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

三浦富士の山頂付近に立つお地蔵様。
超広角レンズで山頂付近の様子と共に撮影。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/500s
絞り値 F2.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 65mm
ホワイトバランス オート
カラーモード スタンダード

三浦富士から階段を下りて来るとメガネをかけたお地蔵さんが立っていた。
キレのある描写と美しいボケ味を活かし65mmで撮影。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary

武山、砲台山、三浦富士を繋ぐハイキングコースを歩いて山の南麓に下りると、穏やかな里山の風景が広がり、ハイキングコースに入る手前には立派な浅間神社の鳥居が建っていた。津久井浜駅近くの本殿にお参りし、鳥居を潜って南麓から奥宮のある三浦富士までトレイルを登ると富士信仰を体験できそうだ。トレイルが目的だったが、長閑な南麓の雰囲気が気に入り、陽が沈む直前まで南麓の農園地帯に滞在した。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/320s
絞り値 F2.8
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 65mm
ホワイトバランス オート
カラーモード スタンダード

ハイキングコースを下った南麓に咲いていた水仙。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/400s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス オート
カラーモード スタンダード

朝は曇って寒かった南麓に戻ると雲の間から陽が差し気温も上がっていた。道路脇に立つ地域の案内図は色褪せ読み取るのに苦労したので、新しいものを設置して頂けたら有り難い。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/1000s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード ティールアンドオレンジ

南麓の農場にあるビニールハウスに差し込んだ夕陽は、この日見た一番強く印象的な光だった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

コンパクトだが持った感じに風格があるIシリーズから7本目になる新レンズの20mm F2 DG DN | Contemporaryをメインに撮影した。Iシリーズからは既に2本出ている24mmとは焦点距離は僅か4mmの差だが、この超広角レンズは有り難い。
去年のテント2泊のトレイル歩きでは持てるカメラ機材に制限があり、レンズは28-70mm F2.8 DG DN | Contemporaryと100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporaryの2本だけにしたことがあった。24mmも考えたが広角側を4mm広げるためにもう一本持つ気がしなかったが、この時20mmがあったならリュックに入れていただろう。思ったより寄れるし使い勝手の良さも画質の高さに加えて有り難い。荷物に制限がなくても持って行きたい一本だ。

みかん園を抜け、お洒落なお地蔵様に挨拶してハイキングコースへ入った。大蛇が祀らえている龍塚(りゅうちょう)に立ち寄り、見晴らしの良い武山まで登った。そこから女性によるエクササイズが行われていた砲台山を経て、三浦富士まで縦走した後、下山して長閑な農園地帯で日の入りを迎えたこの日を動画で記録した。

武山