第297回

大楠山・湘南国際村コースから前田橋コースへ / Mt.Ogusu From Shonan Kokusaimura Course to Maedabashi Course

May 11, 2022

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/800s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 42.2mm
カラーモード モノクローム

三浦半島で一番高い場所(標高242m)になる大楠山の頂上に建つビューハウスから撮影。国土交通省大楠山レーダー雨量観測所と展望台を左手に右手に富士山が見える景色は絵になるから、休憩に立ち寄るハイカーの多くが写真を撮ると思う。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

明け方までに雨が上り、久しぶりに晴れた4月中旬の平日、三浦半島の最高峰である大楠山をカメラリュックを背負って登った。大楠山は標高242mの低山だが、360度のパノラマがひろがり、衣笠、塚山・阿部倉、大楠芦名口、前田橋、湘南国際村の5つのハイキングコースに通じ、多くのハイカーを魅了している。
私は、湘南国際村コースから大楠山へ登り、前田橋コースで下山した。湘南国際村コースでは、スタート地点で鳥とカエルが競うように鳴き、ゴルフ場脇に落ちていたオリーブの花が印象に残った。コースは登りやすく、透き通るようなホトトギスの鳴き声に包まれ大楠山までは快適な登りだった。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/800s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

濡れている舗装道路が光り、オリーブの花が散りばめたように落ちていた。大楠山から下りてきた老人が、「ゴルフ場開発時に植えたオリーブだよ、この先は滑るから気をつけて」と話しかけてきた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

頂上付近は大量のハチが飛び回っていたのでビューハウスに逃げ込んだ。頂上の西、大楠平という開けた土地に建つ、国土交通省大楠山レーダー雨量観測所の展望台にも上った。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/400s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード パウダーブルー

ホットコーヒーや冷たい飲み物も置いてあるレトロな感じがするビューハウス。
この日、脇に建つタワーには鍵がかけられ上れなかったが、訪問客が多い週末は開放するのだろうか。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

下山した前田橋コースは、明け方まで降り続いた雨でぬかっていて、岩場は滑り、結構ハードな下山となった。前田川の水量は予想以上で、ゴーと大きな音をたてる川の流れが樹木の間から見えたが、その流れは三浦半島に流れる川と思えないような激流だった。雨の後は前田川に入らないようにと、大楠山ハイキングコースと前田川遊歩道が繋がる地点に立つサインに警告があり、川を歩く遊歩道は歩かず川に並行した道路を歩いたが、川べりに下りられる場所が何箇所かあり撮影には困らなかった。

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F2.5
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

カエルが住んでいそうだった大楠平付近で見かけた防火用水。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary
シャッタースピード 1/800s
絞り値 F6.3
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 400mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

下山中、飛び回るアゲハチョウを見かけたが、なかなか撮れるチャンスがなかった。
諦めかけた時、10mぐらい先の花に留まったのでゆっくり近づいて撮影した。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/160s
絞り値 F5.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 400
焦点距離 70mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

シダの根っこに近い部分が木漏れ日で燃えるように輝いていた。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/160s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

ぬかるんだトレイルを物ともせず下山して行く女性達。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/60s
絞り値 F3.2
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 320
焦点距離 70mm
ホワイトバランス 色温度指定
カラーモード 風景

トレイルで見かけたサワガニはレンズを向けると死んだふりをして動かなかった。
静止画には都合が良かったが動画には動いて欲しかった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/20s
絞り値 F8.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 28mm
ホワイトバランス 色温度指定
カラーモード 風景

大楠山へ登るトレイルの入り口付近にかかる橋から前田川を覗き込む。
ここから上流への遊歩道は普段から立ち入り禁止となっているようだ。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/200s
絞り値 F4.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

大楠山ハイキングコースと前田川遊歩道が繋がる地点。
普段は濡れずに木道や石道を歩いて行けるようだが、この日は不可能だった。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/60s
絞り値 F5.6
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 20mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

相模湾に注ぐ前田川が支流と出会う新緑が美しい森。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp L
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/125s
絞り値 F5.0
露出モード M-マニュアル露出
ISO感度 100
焦点距離 70mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード 風景

午後の光に照らされた川べり。
【使用機材】SIGMA fp L, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

鳥とカエルの力強い鳴き声、明け方まで降り続いた雨で増水した前田川の激しい流れが耳に残った。

明け方まで降った雨で歩き難いことは覚悟していたが、ぬかるんだトレイルと滑る岩場は予想以上にハードだったので、このコースを歩きに来る時は雨上がりを避けた方が無難だろう。撮影自体は、蝶の撮影(SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporaryを使用)を除き、標準ズームレンズ(SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary)とIシリーズの20mm(SIGMA 20mm F2 DG DN | Contemporary)の2本で不自由なく快適に行えた。

大楠山