第195回

28-70mm 持って
小田原ブラブラ

March 10, 2021

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
シャッタースピード 1/1600s
絞り値 F2.8
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 28mm
焦点距離
(35mm換算)
28mm
ホワイトバランス オート
カラーモード FOVクラシックブルー

オンライン開催となった「CP+ 2021」。その直前にシグマから新レンズが発表された。「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」である。事前にそのレンズの情報を聞いた時は「え?」と感じた。「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art」という圧倒的な存在があるのに、近い焦点距離の製品を出すなんて!、と。数日後、宅配便で届いた現物を手にした瞬間に「これはイケるかも」という思いに変わった。なぜならその軽さとコンパクトさのインパクトが大きかったからである。サイズや重量は伝えられていなかったので、その小ささには驚かされた。さっそく「SIGMA fp」に未発表のレンズを装着し、小田急ロマンスカーに乗って小田原に向かったのであった。
使用感はまさに「軽快!」のひと言。ワイド端を28mmにしたことによるコンパクト感が素晴らしい。世界最小最軽量のフルサイズミラーレス一眼カメラ「SIGMA fp」のための標準ズームレンズだと実感した。写りも申し分ない。「CP+ 2021 スペシャルコンテンツ」で開発者によるムービーが公開されているのでぜひ参照してもらいたいが、実写しても素晴らしい印象を受けた。ブラブラ撮影にピッタリな「SIGMA fp」最適標準ズームレンズの誕生である。ズバリ、オススメの1本です!

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F5.6
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 28mm
焦点距離
(35mm換算)
28mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ティールアンドオレンジ

新レンズを抱えて小田原駅に到着した。小田急線改札口からJR改札口を抜けてお城方面に向かう。2019年の台風で壊れた大提灯も復活。その様子をワイド端の28mmで。自然なパースがいい感じ。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F2.8
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 28mm
焦点距離
(35mm換算)
28mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ティールアンドオレンジ

小田原城敷地内をブラブラと徘徊する。晴天のせいか人出がやや戻ってきている印象を受けた。梅の花もかなり咲いていた。常磐木門に肉薄して「SIGMA fp」のシャッターを切る。「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」は寄れるので使い勝手がいいね。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F2.8
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 70mm
焦点距離
(35mm換算)
70mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ティールアンドオレンジ

お城から相模湾に向かう。小田原は駅から海まで近いのがいい。その途中に存在する古い街並みや看板建築など実に撮り甲斐があるのだ。わずかな距離の間にいいスポットが数多く、何度訪れても飽きない街なのである。「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」のテレ端でレトロな裏通りをキャプチャーした。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F6.3
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 62.3mm
焦点距離
(35mm換算)
62mm
カラーモード モノクローム

「御幸の浜」に出た。この日は風が強く、波しぶきが風に乗って飛んでくるほど。消波ブロックに乗って、遠くの島影を見ながらしばしまったり。砕ける波に「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」を向けたが、スリムかつ軽量の鏡筒と、風を受けないコンパクトなフードのおかげで手ブレ知らずだった。ヌケ感も申し分ない。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F5.6
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 56.6mm
焦点距離
(35mm換算)
56mm
ホワイトバランス 晴れ
カラーモード ティールアンドオレンジ

海から街に戻る。小田原は駅横に商業施設が新しく完成しなかなか賑わっている。しかし昔からあるアーケード街はかなり寂れてきている印象だ。シャッターを下ろした店も多いが、老舗で頑張っているところもある。ホステルやゲストハウスも増えてきているので、コロナ禍が落ち着いたら泊まりでのんびりとブラブラしにきたいものである。そういえば「シグブラフォトウォーク」も以前小田原で開催したっけ。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F2.8
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 100
焦点距離 45.9mm
焦点距離
(35mm換算)
45mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ティールアンドオレンジ

路地をアチコチ歩く。遊郭跡や歓楽街跡を撮り進む。「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」1本でも不自由さは感じない。フットワークが劇的に軽くなり、2万歩を越えて歩いても疲れ知らずだ。シャッターを切る感じも軽快だ。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

カメラ SIGMA fp
レンズ SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary
絞り値 F2.8
露出モード A-絞り優先オート
ISO感度 400
焦点距離 28mm
焦点距離
(35mm換算)
28mm
ホワイトバランス オート
カラーモード ティールアンドオレンジ

小田原でいつも訪れる「nico cafe」でコーヒータイム。小田原ミカンのクレープを食したが、味といい食感といい絶品であった。「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」はググッと寄れるので、ガブリと一口食べる前に撮っておいた。色のりとボケ感もいいではないか。
しかし、Lマウントは「Iシリーズ」といい「Contemporaryライン」だけで随分とレンズが揃ってきた。このラインだけでほとんどの被写体をカバーできるほどの勢いである。次回は「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary」と組み合わせてブラブラしてみようかなあ、と思いながら甘いクレープを食したのであった。
【使用機材】 SIGMA fp, SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary