SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports

私の中にある自然への憧れ

肖戈
Xiao Ge

中国・内モンゴル自治区の北東部に生息するカラフトフクロウ。顔の模様が美しくも珍しく、写真愛好家が撮影に訪れるこの地域に数いる生き物のひとつです。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 2500, F6.3, 1/2000 s, 464mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 3200, F6.3, 1/1000 s, 600mm

カラフトフクロウの一日の活動時間は、他のフクロウに比べて長いので、夜間だけでなく、光が最も美しい朝や夕方にも撮影することができます。たまたま私が撮影していた時間帯は、カラフトフクロウの子育ての時間帯で、オスはより活発に獲物を狩っていました。フクロウは見晴らしの良い高い木の上に止まることが多く、ヒナを育てるときには周囲の環境に敏感になります。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 1000, F7.1, 1/2000 s, 600mm

この地域では、一年のうちこの時期は日が長いため、毎日朝4時頃にカラフトフクロウの採餌場所で待機する必要がありました。数日間の撮影中、現地の天候は予測不可能であり、幸運にも、霧の朝と晴れた夕方という異なる天候と異なる環境で、飛んだり採餌したりするカラフトフクロウを撮影することができました。ご存知のとおり、フクロウの視力と聴力は非常に鋭いので、撮影時には細心の注意を払う必要がありました。幸いなことに、このすばらしい鳥の驚くべき瞬間の数々を目撃し、撮影することができました。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 1000, F6.3, 1/2000 s, 600mm

今回、フルンボイル市の大草原で、コサックギツネの母子5匹に出逢うことができたのはとても幸運でした。私は彼らを追いかけ、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS|Sportsで彼らの生活を記録しました。コサックギツネはよく「草原を守る妖精」と呼ばれています。草原の生態系に危険をもたらすネズミにとって、コサックギツネは天敵だからです。彼らの嗅覚、聴覚、視覚は非常に鋭く、獲物を正確に狙って捕まえることができます。私が撮影していたときには、母ギツネが子ギツネに狩りを教えている場面によく遭遇しましたが、子ギツネはまだ幼く、子ギツネ同士じゃれ合って終わることが多かったですね。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports,
Sony α1, ISO 1000, F11, 1/800 s, 600mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 4000, F6.3, 1/2000 s, 600mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 1000, F11, 1/800 s, 600mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports,
Sony α1, ISO 1000, F8, 1/2000 s, 600mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 1000, F11, 1/800s, 600mm

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports, Sony α1, ISO 1000, F10, 1/800s, 600mm

今回の撮影では、早朝に身を寄せ合う姿や、夕暮れ時に遊んだり追いかけっこをしたりしている姿、そして母と子の固い絆や親密なやりとりの瞬間を目の当たりにしました。“エモーション”は、私が常に好んで撮影をするテーマです。私はSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS|Sportsを使うなかで、このような瞬間とそれが与えてくれる温かい気持ちを忘れないようにしようと改めて思いました。野生動物を撮影することは、感情を表現へと昇華するだけでなく、人間が本来持つの自然への深い憧れを思い出させてくれるものだと思います。

Behind the Scenes