多様な撮影スタイルに応える「超望遠600mmズーム」をラインアップ

標準から超望遠まで対応し、
フットワークに優れた60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports。

プロフェッショナルのハードな要求に応えきる、
ハイエンドモデル 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports。

軽快でスマートな撮影をサポート、
携行性と操作性を両立した 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

それぞれの撮影スタイルにあったレンズを選択した
写真家4名の作品とインプレッションをご紹介します。

60-600mm
F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports

標準から超望遠まで素早く対応する優れたフットワークを発揮。高画質・機動性に特化。

150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM | Sports

金属部品を多用した堅牢な構造。

150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

持ち歩く際の負担を軽減、軽快でスマートな撮影をサポート。

60-600mm
F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports

標準から超望遠まで
素早く対応する優れたフットワークを発揮。
高画質・機動性に特化。

SAMPLE PHOTO GALLERY

シャッタースピード 1/1000s
絞り値 F6.3
ISO感度 500
焦点距離 600mm
シャッタースピード 1/320s
絞り値 F6.3
ISO感度 200
焦点距離 310mm
シャッタースピード 1/250s
絞り値 F5.6
ISO感度 100
焦点距離 85mm

PHOTOGRAPHER

オリバー・アンリゴ
Olivier Anrigo

EPA、Getty Images、l’Equipeなどの国際機関のフォトジャーナリストとして活動。スポーツやニュースを扱う。マサイマラ、ケニア、タンザニアのサファリで写真教室を開くするなど、幅広く活躍する。
https://olivieranrigo.fr/

Olivier Anrigoさんは SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports の使用感についてスペシャルフィルム“CIRCUMSTANCES”でも語っています。

IMPRESSION

いかに市場が提供する選択肢が幅広く、多様だとしても、私はSIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sportsを選びます。
まず、そのフレキシブルな焦点距離。風景写真には60mm、動物撮影には600mmを使用できるのは愉快です。次に画質。そのシャープさやボケ味、視写界深度がもたらす表現は楽しいですし、私の必要を満たし、期待に応えてくれるものです。
また、快適な使用のためのメカ設計。重量と大きさは納得のいくものですし、快適なグリップ、状況に応じて使えるMOはアドバンテージです。最後にそのビルドクオリティ。これは正にプロのための60-600mmです。

150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM | Sports

金属部品を多用した堅牢な構造。

SAMPLE PHOTO GALLERY

シャッタースピード 1/400s
絞り値 F6.3
ISO感度 1000
焦点距離 569mm
シャッタースピード 1/200s
絞り値 F5.6
ISO感度 200
焦点距離 200mm
シャッタースピード 1/1600s
絞り値 F7.1
ISO感度 500
焦点距離 600mm

PHOTOGRAPHER

キース・コネリー
Keith Connelly

野生動物ガイド/プロ写真家/写真ガイド
南アフリカのサファリ・ロッジガイドとしてキャリアを開始。以後15年間野生動物の習性に関する知識を深める。近年は写真講師としても活動。世界各地のサファリを個人的に案内しながら写真を教える。
https://www.keith-connelly.com/

IMPRESSION

2015年に150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports を使い始めました。
以来、このレンズは私とともにアフリカの最も美しい場所を旅しています。
多くの困難、過酷な環境、荒い扱いに耐えてくれました。本当にこのレンズには失望することがありません。ビルドクオリティは素晴らしく、非常に堅牢で、厳しい環境で求められている性能に応えてくれます。AFの速さと確かさは大変優れており、視写界深度がもたらす画も好ましい。ブレ補正も効果的ですし、USB DOCKによって更なる調整が可能な点も便利です。まさに、サファリや野生動物撮影に最適なレンズと言えます。加えて、この重量とサイズはこの齢の旅行には嬉しいですね。私に言わせれば、信頼してどこへでも連れて行ける、最も良いオールラウンドワイルドライフレンズのひとつです。


SAMPLE PHOTO GALLERY

シャッタースピード 1/4000s
絞り値 F6.3
ISO感度 2500
焦点距離 600mm
シャッタースピード 1/4000s
絞り値 F6.3
ISO感度 8000
焦点距離 562mm

PHOTOGRAPHER

シャウ・ゲ
XIAO GE

SIGMA China Sports Line アンバサダー
ワイルドライフ写真家

IMPRESSION

私はアフリカで野生動物の写真を撮り始め、以来、約10年間撮り続けています。 その間ずっと、私はSIGMAのズームレンズを使ってきましたが、私の仕事に多くの利点をもたらしてくれたことは間違いありません。
SIGMA 150-600mmF5-6.3 DG OS HSM|Sportsの出現により、野生動物の様々な瞬間をより速く捉えることが可能になりました。野生動物の撮影は、スピードが命なのです。信頼性の高い機能と圧倒的な画質を実現するSIGMAの優れた技術により、多くの素晴らしい写真を撮ることができました。予測不能な自然界のなかで行う野生動物撮影ですが、このレンズのおかげで、どんな場面でも自由自在に撮れるようになりました。それがこのレンズ最大の利点です。

150-600mm
F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

持ち歩く際の負担を軽減、
軽快でスマートな撮影をサポート。

SAMPLE PHOTO GALLERY

シャッタースピード 1/1000s
絞り値 F6.3
ISO感度 500
焦点距離 600mm

PHOTOGRAPHER

バスチャン・ジュイーフ
BASTIEN JUIF

15年以上写真家として活動するBastien Juifは、超望遠レンズについて豊富な経験を持つ。野生生物や航空撮影まで、幅広い分野に挑戦してきた。
http://www.bastienjuif.com/

IMPRESSION

長年にわたり、500mmF4などの単焦点ばかりを使ってきましたが、あるときSIGMAの 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMの2本を使う機会が与えられました。このレンズはまるで完璧なスイス・アーミーナイフのようです。軽く、非常にシャープで、その高速なAFはほとんど全ての状況に対応します。ビルドクオリティも高いので、長い間にわたって良い相棒となってくれるでしょう。