SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMが欧州の「EISA Awards 2010-2011」の部門賞「European Lens」を受賞

株式会社シグマ(社長:山木和人)が2009年12月に発売した手ブレ補正OS機構を搭載した、寄れるデジタル専用大口径標準ズームレンズSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMが、欧州の「EISA Awards 2010-2011」の部門賞「European Lens」を受賞致しました。

〈概要〉
受賞部門:EISA European Lens 2010-2011
対象製品:17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

受賞理由

あらゆる撮影シーンに対応するAPS-Cサイズデジタル一眼レフカメラ専用レンズシグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMは、価格以上の価値を確実に提供する、極めて優れたレンズである。その光学性能は、広角から標準域をカバーするズームレンズのカテゴリにおいて3倍の価格で販売しているレンズにも匹敵する。また、補正効果の高い手ブレ補正機構の搭載と、AFスピードの高速化と静粛性を実現する超音波モーターの採用により、完成度の高いレンズに仕上がっている。最短撮影距離22cm、最大倍率1:2.7を実現し、日常的な撮影に加えて、本格的なマクロ撮影にも対応している。

  • EISA European Lens 2010-2011
  • Pphoto 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

尚、このレンズは欧州の「TIPA」においても、“2010 Best Entry Level Lens”を受賞しています。

シグマは今後も、魅力ある製品開発に注力し、幅広いお客様のニーズに応えることができるよう努力してまいります。

EISA(European Imaging and Sound Association) は欧州18カ国の写真、ビデオ、オーディオ関連の専門誌50誌の代表で構成されており、年に一度、過去1年間に欧州各国で発売された、交換レンズ・一眼レフカメラ・コンパクトカメラ・デジタルカメラなどの部門の中から最優秀製品を選定しております。