SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM「TIPA BEST EXPERT DSLR LENS」を受賞

株式会社シグマ(社長:山木和人)が2012年1月に発表した手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構搭載の高性能な大口径望遠マクロレンズSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSMが、欧州の「TIPA Awards 2012」の部門賞「TIPA BEST EXPERT DSLR LENS」を受賞致しました。

概要
受賞部門 :TIPA AWARDS 2012 BEST EXPERT DSLR LENS
対象製品 :SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
受賞理由 :等倍撮影が可能な180mmの望遠マクロレンズとして、初の大口径F2.8を実現した。さらに、4段分の補正効果のある手ブレ補正OS機構を搭載している。FLD(“F” Low Dispersion)ガラス3枚を採用し、色収差を極限まで補正している。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減し、開放からシャープでコントラストの高い描写性能を発揮している。

SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
シグマは今後も、魅力ある製品開発に注力し、幅広いお客様のニーズに応えることができるよう努力してまいります。
TIPA(Technical Image Press Association)は、ヨーロッパ、南アフリカ、カナダ、米国、アジアの有力なカメラ・映像関連専門誌 29誌の編集長とテクニカルエディターによって構成される団体です。1991年以来、年に一度、過去1年間に欧州で発表された映像関連製品の中から、カテゴリーごとに最も優れた製品を選出しています。