SIGMA sd Quattro Systemが「グッドデザイン金賞」を受賞

このたび、株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)のレンズ交換式デジタルカメラ[sd Quattro]が、2016年度「グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)のベスト100の中から、更に特別賞である「グッドデザイン金賞」を受賞致しました。
グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)は社会の課題に対する取り組みとしての内容、将来に向けた提案性や完成度の高さなど、総合的な観点から、グッドデザイン賞審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザインに贈られます。
弊社では、今後もさらなる画質の追求と、本質性能を第一義とした撮影機材を中心に、お客様に真に喜ばれる製品の開発に努めてまいります。
なお、当該製品の受賞理由は以下の通りです。
「カメラらしいクラシカルなデザインが主流となっているデジタルカメラの世界において、独自のFoveonセンサとデジタルカメラのデザインを根本から問い直し再定義した斬新なスタイルで新基軸を打ち出し高い評価を得ているSIGMA。本製品も『カメラらしい』ではなく『SIGMAらしい』と感じさせるオリジナリティを継承しつつ、レンズやアクセサリーなどとともに、同社の撮影システムの中核をなすカメラとして、細部にわたる完成度の高さが評価された。」

受賞製品:SIGMA sd Quattro System
製品概要:http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/
グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:
http://www.g-mark.org/award/describe/43776

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2016」に出展
本年10月28日(金)から東京ミッドタウンと渋谷ヒカリエで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「[G展]GOOD DESIGN EXHIBITION 2016」東京ミッドタウン会場において、sd Quattro Systemが本年度受賞デザインとして紹介されます。
[G展]GOOD DESIGN EXHIBITION 2016
 会期:10月28日(金)〜11月3日(木・祝)
 会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
 http://www.g-mark.org/gde2016/

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで60年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は45,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/