SIGMA SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art 開発発表

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、解像力とボケ味にこだわり抜いた、フルサイズ用Art F1.4 シリーズ最長焦点距離の「BOKEH-MASTER」、SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Artの開発を発表致します。

2012 年にSIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art を発売して以来、SIGMA は開放値F1.4 の大口径レンズを積極的に展開。フルサイズ用5 本、APS-C 用を含めると計8 本のレンズはどれも、徹底的な収差補正による圧倒的な解像力と高いコントラストを実現してきました。
9 本目の「開放値F1.4」で、同ライン最長焦点距離となるこのSIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art は、最高レベルの解像力とボケ味を実現、アウトフォーカス部の描写までこだわり尽くした「BOKEH-MASTER」ともいうべき1 本です。画質至上主義「Art F1.4」の新しいフラッグシップ・モデル、ぜひお楽しみください。

発売日、価格:未定
付属品:ケース、かぶせ式フード(LH1113-01)、
着脱式三脚座(TS-111)、Protective Cover (PT-21)
対応マウント:シグマ、ニコン、キヤノン、ソニー E マウント
※製品の外観、仕様などは変更することがあります。
この製品についての詳しい内容は、こちらをご覧下さい。

CP+2018での全発表製品についてはこちら