SAマウントカメラ・レンズをご愛用の皆さまへ

お客さま 各位

いつもSIGMA製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
当社は、Photokina 2018(ドイツ・ケルン)において、ライカカメラ社、パナソニック株式会社との協業およびLマウントシステムへの参入について正式に発表いたしました。
この発表に合わせ、当社が考える今後のSIGMA製レンズ交換式カメラと交換レンズの方向性について、これまでSAマウントシステムをご愛用くださった皆様へご案内させていただきます。

SIGMAはLマウントをシステムの軸としたフルサイズミラーレスカメラ開発を始動します
かねてよりご要望をいただいておりましたフルサイズミラーレスカメラの開発にあたり、使い勝手と製品性能をより高いレベルで両立するためには、システムに最適な新しいマウントの採用が必要不可欠でした。
当初は新規開発も考えておりましたが、技術検討を重ねた結果、ショートフランジバック、光学設計の自由度など多くの理由により、ライカカメラ社が持つLマウントが最も理想的であるとの結論に至りました。同時にライカカメラ社、パナソニック株式会社との3社でパートナーシップを結ぶことにより、メーカーの垣根を超えた、最も拡張性のある撮影システムを実現、提供できるものと考えております。
今後SIGMAで開発する全てのレンズ交換式カメラでLマウントシステムを採用し、新規のSAマウントカメラの開発は行わない予定です。

SAマウントレンズを継続して生産します
現在発売中、および今後発表される一眼レフ用交換レンズにおいては、当面はSAマウントを継続して開発・製造・販売し、ラインアップも維持して参ります。

SAマウントをLマウントに変換する、専用マウントコンバーターを開発します
現在Lマウントカメラと並行して、SAマウントをLマウントに変換する専用のマウントコンバーターを開発しています。これまでSIGMAのカメラをご愛用いただいてきた皆さまのレンズ資産がそのままご活用いただける環境を、カメラと同時にご案内できるよう準備を進めています。

これまでSIGMAは、カメラ開発を自社の理念と理想を体現する事業として情熱を注いで取り組んで参りました。そして、この事業は何よりも、当社のカメラやSAマウントレンズをご愛用くださる皆さまのご理解とご期待なくしては実現しえないものであることを日々強く感じながら社員一同業務に励んでおります。
常に変わることなく温かくご支援くださった皆様へ、この場を借りて改めて厚く御礼申し上げます。

現在、デジタルカメラを取り巻く状況はかつてないほど大きな転換期を迎えています。
当社もまた、ミラーレスカメラへの本格参入という節目に際して「これからのあるべきカメラシステムとは何か」を真摯に考え、検討に検討を重ねた結果、この度の新システム採用に至りました。

皆様におかれましては、新製品開発はもちろん、ご所有製品の今後についてご心配もおありかと思いますが、新しいシステムに移行した後もSAマウントのレンズ資産はこれまでと変わらず最大限に活かしていただけることを第一義に、次世代のカメラを皆さまと一緒につくっていく気持ちで製品開発に臨んで参りますのでどうぞご安心ください。
SIGMAは、これまで「SIGMAのシステム」をご愛顧くださった皆様に、変わることなく弊社製品をご愛用いただけるよう、さらなる選択肢や楽しみをご提供していくことをここにお約束いたします。

引き続きSIGMAへのご愛顧とご支援をお願い申し上げます。

 

株式会社シグマ
代表取締役社長
山木和人

 


Lマウントアライアンス公式サイト
ライカ、パナソニック、シグマの三社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」