シグマ会津工場 マグネシウム棟の設立について

株式会社シグマ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:山木和人)は、唯一の製造拠点である会津工場(福島県磐梯町)に、最先端のマグネシウム加工を行うためのマグネシウム専用加工棟を開設し、稼働を開始しています。

軽量化・堅牢性の両立に不可欠なマグネシウム部品を安定調達
望遠レンズのように比較的質量の大きい交換レンズでは、製品本体の軽量化は大きなアドバンテージになります。一方で、大口径の光学素子をしっかり保持し、内部を保護するために強度・剛性の高い金属部品が外観に採用されることが多いのですが、一般的なアルミニウム等では製品本体が重くなり過ぎ、取扱いが困難になるという課題もありました。
そうしたなかSIGMAでは、昨今ユーザーからも要望の多い製品の軽量化と、レンズ性能を担保する堅牢性・耐久性を両立するべく、10月発売の60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM|Sportsで初めて自社加工によるマグネシウム部品を筐体に採用しました。

内製化で一貫生産による超高効率の「量産」をさらに推進
驚きと喜びのあるユニークな製品をもっとスピーディに、フレキシブルにお届けするために。
SIGMAならではの高い内製率による一貫生産体制は、これからますます増えていくであろう少量多品種生産に対応するうえでも不可欠です。
厳格な安全管理が求められるマグネシウム加工まで敢えて内製化することで、高品質・高精度な部品をリーズナブルに、安定的に確保するべく、SIGMAではマグネシウム加工の専用棟を設立し、量産しています。

ここで加工されたマグネシウム部品は、Photokina 2018で発表した60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM|Sports70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports をはじめ、今後もより多くの新製品に採用される予定です。

<概要>
シグマ会津工場 マグネシウム棟
福島県耶麻郡磐梯町大字大谷字日知坂6594 〒969-3395
延床面積:1,995㎡(3階構造)
竣工年月:2018年1月
操業開始:2018年2月

<製品情報>
SIGMA GLOBAL VISION(公式サイト) https://www.sigma-global.com/jp/