高解像感とクラシックな表現を両立させた 唯一無二のルックを持つ SIGMAの新しいArt、”Classic Art Prime” SIGMA CINE LENSの新ラインアップ 「FF Classic Prime Line」発表

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、映像用交換レンズSIGMA CINE LENSの新ラインアップとなる「FF Classic Prime Line」を発表します。
ラージフォーマットかつ8K撮影に対応する圧倒的な解像感と、コンパクトなサイズ感を実現したFF High Speed Prime Line。このレンズラインをベースに、FF Classic Prime Lineでは、光学系をノンコートレンズ中心に構成することで、SIGMA CINE LENSが特徴とする高い解像感と、低コントラストと美しいフレア・ゴーストによるクラシックな映像表現の両立を可能にしています。また、FF High Speed Prime Lineの特長のひとつである大きなボケも、同様に活かすことが可能です。

FF Classic Prime Lineでは新規設計の専用コートを適所に施すことで、ラインアップ内のT値(14mm、135mmはT3.2、その他はT2.5)とルックを統一しています。これにより、ポストプロダクションにおける作業の効率化に寄与します。さらに、Cooke社の通信規格「/i Technology」への対応により、VFXなど最新の映像編集にも適しています。
また、レンズの最前・最後面にも専用コートを施すことで、レンズ自体の耐久性も最新レンズ同等に確保されています。
最新技術によるレンズ性能を基盤とした、高解像感とクラシックな表現の融合という、Artラインの新たな挑戦となる”Classic Art Prime”。FF Classic Prime Lineでしか得られない唯一無二のルックで、映像クリエイションにまだ見ぬ可能性を提案します。
なお、今回発表の新製品は2019年9月13日から17日までオランダ・アムステルダムで開催される、IBC 2019にて実機を展示します。

【映像サンプル(Youtube)】

【静止画サンプル】
   

発売日:2019年末発売予定
希望小売価格(税別):5,416,500円
*10本セットのみでの販売

※/iは、Cooke Optics Limitedの商標、または登録商標です。
※製品の外観、仕様などは変更することがあります。
※他ラインアップおよび既存のPLマウントレンズからの「FF Classic Prime Line」への変更サービスは予定しておりません。

【共通仕様】
● PLマウント(/i Technology対応)
● イメージサークル直径:FF 43.3mm
● イルミネーションサークル直径:46.3mm以上
● フォーカスリング:feet表記
● 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)

【仕様一覧】

【製品情報】
SIGMA GLOBAL VISION(公式サイト) https://www.sigma-global.com/jp/cine-lenses/