SIGMA CINE LENS “Art Prime” FF High Speed Prime Lineから「/i Technology」対応PLマウント発表

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、映像制作用交換レンズSIGMA CINE LENSFF High Speed Prime Lineにおいて、新たにCooke社の通信規格「/i Technology」に対応したPLマウントレンズを発表します。
ラージフォーマットかつ8K撮影に対応する圧倒的な解像感と、コンパクトなサイズ感を実現したFF High Speed Prime Line。この単焦点ラインアップに、新たにCooke社の通信規格「/i Technology」に対応した、電子接点付きPLマウントを追加します。
「/i Technology」対応のシネレンズを、同一規格採用のシネマカメラで使用することで、距離、焦点距離、絞り値などレンズ側の撮影メタデータを表示・記録することが可能です。これにより、ポストプロダクションにおける合成作業を効率化することができます。特に、詳細な撮影データを必要とするVFXなど最新の映像制作に適しています。
2020年公開予定の『TOP GUN : MAVERICK』の撮影には、FF High Speed Primeから「/i Technology」対応の試作機が採用されるなど、この新しい”Art Prime”はすでに最新の映画制作で実用化されています。
また、すでに弊社のPLマウントレンズをお買い上げ頂いたお客様に向けて、「/i Technology」対応化サービスの提供も検討しています。
なお、今回発表の新製品は2019 年9 月13 日から17 日までオランダ・アムステルダムで開催される、IBC 2019 にて実機を展示します。

発売日:2019年末より順次発売予定
価格:未定
※/iは、Cooke Optics Limitedの商標、または登録商標です。

【共通仕様】
● PLマウント(/i Technology対応)
● イメージサークル直径:FF43.3mm
● イルミネーションサークル直径:46.3mm以上
● フォーカスリング:feet, meter表記
● 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
● フォーカスリング、アイリスリング蓄光仕様あり
【仕様一覧】

【製品情報】
SIGMA GLOBAL VISION(公式サイト) https://www.sigma-global.com/jp/cine-lenses/