高強度・高性能プロテクター、SIGMA WR CERAMIC PROTECTORが 超小型光学衛星「KITSUNE」のカメラプロテクターに採用されました

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、高硬度・耐衝撃性の「クリアガラスセラミックス」採用保護フィルター・SIGMA WR CERAMIC PROTECTORが、原田精機株式会社(静岡県浜松市)、株式会社アドニクス(東京都八王子市)、および国立大学法人九州工業大学(福岡県北九州市)の3社によるコンソーシアム(「HAKコンソーシアム」)が製造した超小型衛星「KITSUNE」においてカメラプロテクターとして採用されたことをお知らせします。

超小型衛星「KITSUNE」とは

国際宇宙ステーション(ISS)・日本実験棟「きぼう」からの超小型衛星放出事業に利用される超小型光学衛星「KITSUNE」は、2022年2月20日に米国Antaresロケットにて打ち上げられ、現在は「きぼう」にて宇宙空間への放出待機中です(2022年3月末放出予定)

高い耐衝撃性能でカメラプロテクターに採用

国際宇宙ステーション(ISS)では無重力空間で衛星のハンドリングを行うため、船内でのガラス飛散による人体・機器などへのリスクを最小限に抑えることが求められます。今回、SIGMA WR CERAMIC PROTECTORの極めて高い耐衝撃性能が評価され、様々な実証実験を経て当該衛星のカメラプロテクターへの採用となりました。

映像と科学の技術進展に貢献

放出後は衛星の姿勢制御などを行い、同プロテクターを搭載したカメラを介して約400km上空より地上の写真撮影が行われることとなります。高い防護性能と光学性能を誇るSIGMA WR CERAMIC PROTECTORを用いた宇宙空間での撮影を通して、弊社もまた映像技術および科学技術の進展に貢献してまいる所存です。

SIGMA WR CERAMIC PROTECTORについて

SIGMA WR CERAMIC PROTECTORは、ガラス素材メーカーである株式会社オハラが開発した高硬度・耐衝撃の結晶化ガラス「NANOCERAM™を、SIGMA独自の開発基準で「クリアガラスセラミックス」としていちはやく採用して実現した、信頼性の高い保護フィルターです。航空・宇宙産業などでも用いられる高強度素材ガラスセラミックス(結晶化ガラス)を使用し、光学機器に使用できるまでの透過率を実現。従来の化学強化ガラスを上回る硬度と、サファイアクリスタルガラス以上の柔軟性という、保護フィルターに必要な性質を持ち合わせた「理想のプロテクター」です。

SIGMA WR CERAMIC PROTECTORの製品情報

コンセプトビデオ

落下テスト動画