Photoshop CCのプラグインSIGMA X3F Plug-in for Photoshop®(Windows版、Macintosh版)をダウンロードできます。
本プラグインをPhotoshop CCにインストールすることで、DP Merrillシリーズ、dp Quattroシリーズ、SD1/SD1 Merrill、sd Quattro シリーズのRAWデータ(X3Fファイル)をPhotoshop CC上で現像できるようになります。

ダウンロード対象の方

DP Merrillシリーズ、dp Quattroシリーズ、SD1/SD1 Merrill、sd Quattro シリーズを所有しアドビ社製デジタル画像編集ソフト「Adobe® Photoshop® CC」をご使用のお客様

※SFDモードで撮影したX3Iファイルには対応しておりません。また、SD9、SD10、SD14、SD15およびDP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2xのX3Fファイルは、SIGMA X3F Plug-in for Photoshop®では現像できません。Adobe Camera Rawをご使用ください。

ダウンロード

ご使用の端末はこのダウンロードサービスに対応しておりません。

アップデート履歴

  • Ver.1.1.0 for Windowds

    • 保存した画像ファイルにExif情報が記録されるようになりました。
    • X3Fに埋め込まれたカラースペースをPhotoshop CCが認識できるようになりました。

ご注意

Photoshop CC 2017以降
※ 32bit版はサポートしておりません。

インストール

STEP 01 Photoshop を起動します。

ファイル > 読み込みを選択し、X3F Plug-in for Photoshop…をクリックしてください。


 

STEP 02 希望のフォルダ(あるいはファイル)を選択します。

画像選択ダイアログが開くので、希望のフォルダ(あるいはファイル)を選択してください。希望のX3F ファイルを選んで“開く(O)”を押してください。


 

STEP 03 設定を選択し調整を開始します。

調整ダイアログが立ち上がるので、基本設定のカメラの初期設定、撮影時の設定、SPP保存時の設定のいずれかを選び、X3 Fill Lightを調整して“画像を開く”をクリックしてください。
Photoshop CC本体に画像展開が完了しますので、Photoshop CCにて画像調整を行ってください。


 
画像を開く:プラグインの出力画像結果をPhotoshop CC本体で開きます。
キャンセル:何もせず、プラグインを閉じます。
完了:プラグインの出力画像結果をPhotoshop CC本体で開かず、ダイアログを閉じる。その際変更した設定値を保存します。

動作条件

  • 64bitをサポートしている Intel® または AMD プロセッサー(2GHz 以上のプロセッサー)
  • Windows10 日本語版(バージョン 1709 以降)
  • 4GB 以上の RAM(8GB を推奨)
  • 10GB 以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1024×768 以上の画像解像度をサポートしているディスプレイ(1280×800 以上を推奨)および 16-bit カラー、512 MB 以上の専用 VRAM(2GB 以上)を推奨

ご使用の端末はこのダウンロードサービスに対応しておりません。

アップデート履歴

  • Ver.1.1.0 for Mac

    • 保存した画像ファイルにExif情報が記録されるようになりました。
    • X3Fに埋め込まれたカラースペースをPhotoshop CCが認識できるようになりました。

    ※ macOS10.15 Catalinaをお使いのお客様は、当バージョンへのアップデートをお願い致します。

ご注意

Photoshop CC 2017以降
※ 32bit版はサポートしておりません。

インストール

STEP 01 Photoshop を起動します。

ファイル > 読み込みを選択し、X3F Plug-in for Photoshop…をクリックしてください。


 

STEP 02 希望のフォルダ(あるいはファイル)を選択します。

画像選択ダイアログが開くので、希望のフォルダ(あるいはファイル)を選択してください。希望のX3F ファイルを選んで“開く(O)”を押してください。


 

STEP 03 設定を選択し調整を開始します。

調整ダイアログが立ち上がるので、基本設定のカメラの初期設定、撮影時の設定、SPP保存時の設定のいずれかを選び、X3 Fill Lightを調整して“画像を開く”をクリックしてください。
Photoshop CC本体に画像展開が完了しますので、Photoshop CCにて画像調整を行ってください。


 
画像を開く:プラグインの出力画像結果をPhotoshop CC本体で開きます。
キャンセル:何もせず、プラグインを閉じます。
完了:プラグインの出力画像結果をPhotoshop CC本体で開かず、ダイアログを閉じる。その際変更した設定値を保存します。

動作条件

  • 64bitをサポートしている Intel® マルチコアプロセッサー
  • macOS10.13, 10.14, 10.15のいずれかがプリインストールされたIntelプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • 4GB 以上の RAM(8GB を推奨)
  • 10GB 以上の空き容量のあるハードディスク。
  • 1024×768 以上の画像解像度をサポートしているディスプレイ(1280×800 以上を推奨)および 16-bit カラー、512 MB 以上の専用 VRAM(2 GB 以上)を推奨

※ MacOS10.15 Catalinaをお使いのお客様は、当バージョン(SIGMA X3F Plug-in for Photoshop® 1.0.1)へのアップデートをお願い致します。