Contemporaryラインから、
大口径F1.4ワイドレンズ、登場。

本格的な大口径レンズの楽しさを手軽なミラーレスシステムで

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、ソニーEマウントのAPS-Cミラーレスカメラ用交換レンズとしては初めて35mm版換算で24mm F1.4相当(マイクロフォーサーズ用としては、35mm版換算で32mm F1.4相当)を実現。ミラーレスカメラユーザー待望の大口径広角レンズです。
SIGMAミラーレスカメラ用の交換レンズは、日常でも使いやすい軽量・コンパクトなパッケージを採用するというコンセプトのもと、撮影の基本構成をおさえた焦点距離で構成してきました。2016年に発売した30mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、F1.4の明るさを実現しながら高い光学性能を発揮する、ミラーレスカメラ用の新しい大口径単焦点レンズシリーズの第一弾としてリリースされました。
この16mm F1.4 DC DN | Contemporaryも、30mm F1.4 DC DN | Contemporaryと同様のコンセプトのもと開発されています。13群16枚というレンズ構成に、特殊ガラスを多数採用。諸収差を抑え、絞り開放から高い解像力を実現しました。
また、動画AFに対応する光学設計とステッピングモーターの採用により、オートフォーカスによる自然なフォーカスワークが可能。マウント部のシーリングなど、簡易防塵防滴機構も備えています。

※ 製品名について
APS-Cサイズ相当のイメージサークルに合わせて設計したレンズには、製品名に「DC」を記します。「DC」レンズは、フルサイズで撮影された場合、画面にケラレが生じます。撮影範囲を切り替えてご使用ください。
さらに、ショートフランジバックを採用したカメラに最適な設計を行ったレンズには、製品名に「DN」を記します。

ミラーレスカメラのための
新しい「レンズ・システム」として。

30mm F1.4 に続くシリーズ第2弾

SIGMAはこれまで、明るい単焦点レンズを広角から望遠までラインナップすることに注力してきました。ミラーレスカメラ用の交換レンズにおいては、日常でも使いやすい軽量・コンパクトなパッケージを採用するというコンセプトのもと、撮影の基本構成を成す焦点距離で構成してきました。
2016年に発売した30mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、F1.4の明るさを実現しながら高い光学性能を発揮するミラーレスカメラ用の新しい単焦点レンズシリーズの第一弾としてリリース。Contemporaryラインの大口径F1.4のレンズとして製品化するため、最新の光学設計、最適な素材選択、動画への対応、カメラ内収差補正機能への完全対応など、あらゆる点で挑戦を行い、高画質を最優先にしながらも小型化と快適な操作性を共に実現しました。
この16mm F1.4 DC DN | Contemporaryも、30mm F1.4 DC DN | Contemporaryと同様に最新の設計技術を駆使し、カメラ内収差補正機能にも完全対応、F1.4の明るさと高い光学性能を実現しています。
はじめに「標準」30mm F1.4 DC DN | Contemporary、そして今回の「広角」16mm F1.4 DC DN | Contemporary。今後「望遠」を開発し、ミラーレスカメラのための新しい「レンズ・システム」として必要十分なラインアップを目指しています。

カメラ内収差補正を使用せず、光学設計のみで画質を徹底的に追求したArtラインからは19mm F2.8 DN | Art、30mm F2.8 DN | Art、60mm F2.8 DN | Artの3本をラインアップし、撮影者の目的に合わせて選択が可能です。

最新の技術を全投入、
高いパフォーマンスのContemporaryライン

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary は、ショートフランジ バックを採⽤した⼩型軽量なカメラボディで使⽤する際のバランスを考 えてコンパクト化を実現。動画撮影でも快適なAFを実現するためにフォ ーカス群の設計を考慮するなど、⾼画質を最優先にしながらも⼩型化と 快適な操作性を共に実現しました。歪曲収差はデジタル補正を採⽤する など、最先端のテクノロジーを投⼊しています。

ステッピングモーターの採用により、静粛性に優れ、動画撮影でも快適なAFを実現

動画AFに対応する光学設計とステッピングモーターの採用により、オートフォーカスによる自然なフォーカスワークを可能にします。ソニーEマウントではファストハイブリッドAFにも対応し、高速なAFを実現しています。カメラの顔認識AF機能を使えば、撮影中に被写体が動いても顔にピントを合わせ続けることができます。

有害光の侵入を低減する⼤型フードを付属

レンズの描写に悪影響を与える有害光を効果的にカットし、内面反射の発生を防ぎます。フード部分を持って撮影することにも配慮し、滑り止めの溝やラバーを採用しました。

簡易防塵防滴機構を採用

マウント部にゴムのシーリングを施し、様々な環境での使用に配慮しました。

コンパクトネスと光学性能を⾼いレベルで両⽴

  • FLD ガラス
  • SLD ガラス
  • 非球面レンズ

ミラーレスカメラに最適化したレンズタイプに、⾮球⾯レンズを採⽤し⾼画質化と⼩型化を実現。インナーフォーカスを採⽤し、フォーカス部分のレンズ軽量化によるアクチュエータの⼩型化も達成。ホールディングやボディを置いた際の安定感を⾼めました。

高精度、堅牢な真鍮製バヨネット・マウント

高い精度と堅牢性を兼ね備えた真鍮製マウントを採用。長期使用に耐えうるよう、表面処理を施して強度を高め、高品質なレンズづくりを実現しました。

Artラインに匹敵する高画質

サジタルコマフレアを最小限に抑制

フルサイズ用大口径レンズ並みの13群16枚という贅沢なレンズ構成に、FLDガラス3枚と、SLDガラス2枚、グラスモールド非球面レンズ2枚を採用。諸収差を抑え、絞り開放から高い解像力を実現しました。特に、2枚のグラスモールド非球面レンズはレンズの表面をナノオーダーの高精度で加工することで、非球面レンズに発生しやすい渦巻き状の輪線ボケを抑制し、画面全体でクリアな描写をもたらします。また、このレンズ構成により、光を緩やかに曲げることが出来るようになり、サジタルコマフレアを最小限に抑えるなど、中心から周辺まで高い光学性能を実現。画面の周辺でも円形の美しいボケを保つため、周辺光量を多く取り入れています。

フレア、ゴーストに配慮した設計

レンズ設計の初期段階からフレア、ゴースト対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っています。さらにスーパーマルチレイヤーコートを採用する事で、フレア、ゴーストの発生を軽減、逆光時の撮影においてもコントラストの高い描写を実現しています。

円形絞り

9枚羽根の円形絞りを採用。開放付近の絞りを使用する場合でも円形の美しいボケを得ることができます。

写真撮影の醍醐味を味わえる明るい単焦点レンズを

イメージに合った焦点距離のレンズを選び、被写界深度を自在にコントロールして画作りをする、写真撮影の醍醐味を味わうには明るい単焦点レンズが最適です。
16mm F1.4 DC DN | Contemporary は、ソニーEマウントのAPS-Cミラーレスカメラ用としては初の35mm版換算で24mm F1.4相当となる大口径広角レンズ(マイクロフォーサーズ用としては換算32mm相当)。ミラーレスカメラユーザー待望の大口径広角レンズです。

新ラインSGVコンセプトにふさわしいものづくり

シグマ独自のMTF測定器「A1」で全数検査

従来までは、⼀般的なセンサーを使ったMTF測定器を⽤いてレンズの性能を測定してきましたが、新たに、4,600万画素Foveonダイレクトイメージセンサーを⽤いたMTF測定器「A1*」を独⾃に開発。これまで検出 できなかった⾼周波成分の検査までも可能になりました。 SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary はこの「A1」で全数検査を受け てから出荷されます。

*A1:Aizu 1

4,600万画素Foveon
ダイレクトイメージセンサー

センサーサイズ23.5×15.7mmのフルカラーFoveon X3ダイレクトイメージセンサーは、有効画素数4,600万画素(4,800×3,200×3層)、記録画素数4,400万画素(4,704×3,136×3層)を実現。Foveon X3ダイレクトイメージセンサーは、RGB全色を3層で取り込むことができる画期的なフルカラーイメージセンサーで、原理的に偽色が発生しない為、ローパスフィルターを必要とせず、光と色の情報を余すことなく取り込むことができます。4,600万画素の高画素のフルカラー情報により、立体的で臨場感のある精緻な画像が得られます。

センサーについて

MTFチャート

MTFチャートの見方はこちら

高精度・高品質、「Made in Japan」のものづくり

一部の加工を除いて、部品や金型までも日本国内で一貫生産しているシグマは、いまでは少なくなった、生粋の「日本製」を謳うことができるメーカーのひとつです。清廉な空気と水に恵まれた風土、粘り強く実直な人々の気質。そして最新のノウハウと、精巧で高度な技術の融合によって生み出される確かな品質。世界中の写真愛好家を満足させていた高度なものづくりを支えているのは、職人としての情熱と誇りに裏打ちされた、正真正銘のクラフツマンシップです。

「マウント交換サービス」に対応 (有償)

カメラボディを変更しても変わらずレンズを
愛用いただける新たな有償サービスにも対応

シグマは、多種多様な交換レンズをつくり続けてきたノウハウとリソースを活かして、新コンセプトラインのマウント部および内部システムの一部をご希望のマウントに仕様変更できる「マウント交換サービス」を開始致しました。これにより撮影者が、将来、新たなカメラボディをお求めになる場合にも、それに合わせてお気に入りのレンズを「お直し」することができ、現状のカメラシステムの制約を受けることなく長く愛用いいただけるようになります。

※「マウント交換サービス」(有償)は、通常の修理・サポートとは異なりますので、販売店などでの受付はできません。
※ 弊社窓口での一括対応になりますことをご了承ください。
「マウント交換サービス」に関する詳細はこちら