ファームウェアダウンロード

Ver.1.06

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SA-L使用時において、ごくまれにOSスイッチをOFFにしても手ブレ補正が働いたままになる不具合を修正しました。

更新履歴

Ver.1.05

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SA-L を使用した際のAF速度と品位の向上を図りました。

Ver.1.04

絞りをF8より絞り込んで撮影を行うと、まれに露出オーバーになる現象を改善しました。

Ver.1.03

手ブレ補正の制御アルゴリズムの改善により、容易に構図の確認ができる安定したファインダー像を実現しました。

Ver.1.02

Macintosh版のSIGMA Optimization ProにてレンズのMF切り替えの設定を行うと、調整内容にかかわらずマニュアルオーバーライド(MO)機能が無効になってしまう不具合を修正しました。

Ver.1.01

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E 使用時に、手ブレ補正OS機構が正常に作動しない現象を改善しました。

Ver.1.03

ニコン「Z 7」と同社の「マウントアダプター FTZ」の組合せにおいて、絞りをF5.6より絞り込んで撮影を行うと、まれに露出オーバーになる現象を改善しました。

更新履歴

Ver.1.02

手ブレ補正の制御アルゴリズムの改善により、容易に構図の確認ができる安定したファインダー像を実現しました。

Ver.1.01

Macintosh版のSIGMA Optimization ProにてレンズのMF切り替えの設定を行うと、調整内容にかかわらずマニュアルオーバーライド(MO)機能が無効になってしまう不具合を修正しました。

Ver.2.05

EOS 90DおよびEOS-1D X Mark IIIとの組み合わせにおいて、ファインダー撮影時における露出の最適化を図りました。

更新履歴

Ver.2.04

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 EF-L使用時におけるAF速度と品位の向上を図りました。

Ver.2.03

  • キヤノン「EOS R」に同社の「マウントアダプターEF-EOS R」あるいは「コントロールリングマウントアダプターEF-EOS R」との組み合わせにおいて、レンズのOS機構が作動中にレンズの取り外しを行うとカメラの電源を再度オンにする事が出来ない現象を改善しました。
  • キヤノン「EOS R」に同社の「マウントアダプターEF-EOS R」あるいは「コントロールリングマウントアダプターEF-EOS R」との組み合わせにおいて、AFでの動画撮影時に無限位置から近距離側へのフォーカス駆動が停止してしまう現象を改善しました。
  • キヤノン「EOS R」に同社の「マウントアダプターEF-EOS R」あるいは「コントロールリングマウントアダプターEF-EOS R」との組み合わせにおいて、絞りをF8より絞り込んで撮影を行うと、まれに露出オーバーになる現象を改善しました。

Ver.2.02

手ブレ補正の制御アルゴリズムの改善により、容易に構図の確認ができる安定したファインダー像を実現しました。

Ver.2.01

レンズファームウェアがVer2.00の交換レンズと一部のカメラとの組み合わせにおいて、連写速度が低下してしまう現象の改善を図りました。

Ver.2.00

  • カメラに搭載のレンズ光学補正機能に対応し、光学特性に合わせた補正が行えるようになりました。※
  • レンズ光学補正を「する」にして撮影を行った際、正常でない画像や動作エラーが発生する現象を改善しました。
  • ファインダー撮影時やライブビュー撮影時の露出が不安定になる現象を改善しました。

対応カメラ:EOS 1D X mark II、EOS 5Ds、EOS 5Ds R、EOS 5D mark IV、EOS 6D mark II、EOS 8000D、EOS 80D、EOS 9000D、EOS Kiss x9i、EOS Kiss x9、 EOS Kiss x8i

Ver.1.02

Macintosh版のSIGMA Optimization ProにてレンズのMF切り替えの設定を行うと、調整内容にかかわらずマニュアルオーバーライド(MO)機能が無効になってしまう不具合を修正しました。

Ver.1.01

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E 使用時に、手ブレ補正OS機構が正常に作動しない現象を改善しました。